スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【動画】伸びにくい肘をやわらかく伸ばすコツ


神戸、大阪で噂になっている
脳梗塞・脳内出血の
リハビリ専門の
動きのコツ研究所で代表を
務める生野達也です!



今回は、動きのコツの
リハビリをより知って
いただくための
新たな取り組みを
紹介します!



重複した場合はご容赦
ください。



その名も
動きのコツリハビリ動画
です!!!



詳しく解説しますね☆


☆マンツーマンで
あなただけの動きのコツ
を見つけるための
日本唯一の場所…
WS000004.jpg
ホームページはコチラ



☆ブログランキングに参加しています☆
応援のクリックをお願いします(^-^)

にほんブログ村 病気ブログ 脳卒中・脳梗塞へ
にほんブログ村

【“【動画】伸びにくい肘をやわらかく伸ばすコツ”の続きを読む】
スポンサーサイト

手の動きのもと


手をあげようとすると、

「硬さ」や「重さ」を感じる方は

筋力がないことが原因

とお考えではありませんか?



脳が「手のあがり方」を忘れて

いるのです!



脳の働きを考えると

手の動きのもと」を探る

ことがポイントとなります☆
【“手の動きのもと”の続きを読む】

肩の転がり


脳梗塞や脳内出血による手の麻痺の

リハビリをすすめる時、

手を挙げる時のコツとして

「肩の転がる感じ」といった

肩関節の動きの感覚を

気をつけることがあります。



しかし、実践にしていただくと

「気をつけても感じない」

ことはありませんか?



そのような方は

肩甲骨とお尻の声

に耳を傾けましょう☆



肩甲骨を上下左右に動かそうと

しても硬くなっており、

麻痺側のお尻は浮いていませんか?



「肩の転がり」を感じる

リハビリのコツとして、

お尻を安定させて、

肩甲骨を上下左右に軟らかく


動かせるようになると

感じにくかった

「肩の転がる感じ」が

感じやすく
なります!



その結果、手が軽くなり

挙がりやすくなります!!

(注)普段と異なる動き方をすると
不慣れなためにバランスを
崩してしまうことがあります。
手すりを支えるなど、安定した
姿勢で行ってください。

| 脳梗塞・脳出血 後遺症の新たなリハビリ「動きのコツ」ホーム |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。