スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

親密な関係


脳梗塞や脳内出血のリハビリでは、

立ち上がりや立った姿勢での

安定感がとても大切となります。



立ち上がる時や立った姿勢で

麻痺側の足の「頼りなさ」を

感じる方は、

座った姿勢で左右に体を

傾けた時の「足の声」に

耳を澄ましましょう☆



麻痺側に体を傾けると

「麻痺側の足に力が入ってる

にもかかわらず、

良い方に体を傾けると

「良い方の足は力が入ってない

ことはありませんか?



麻痺側に「力が入っている」のに

立つと不安定になるのは

不思議なことですね…



実は、足だけではなく

お尻と足の支え方の違い

によって安定感が変わります!



麻痺側に体を傾けると、

お尻はドッシリしていなくて

足に力が入っている」

という一方で、

良い方に体を傾けると、

お尻がドッシリしていて

足には力が入ってない」

ことはありませんか?



麻痺側に体を傾ける時に

お尻をドッシリ」感じる

ことができれば、

足の力は自然と抜けやすく

なります。



お尻と足は、

お互いに影響を

及ぼし合う親密な関係


と言えます☆



立ち上がる時には、両方の

お尻のドッシリ」を感じながら

おじぎをして、

足が自然と支える

ことを感じながら立ち上がると、

麻痺側の「安定感

に繋がります!





大切なのは「力を入れる」こと

ではありません



体の変化を正しく感じる

ことによる「結果」として

自然と力が入るのです!



(注)普段と異なる動き方をすると
不慣れなためにバランスを
崩してしまうことがあります。
手すりを支えるなど、安定した
姿勢で行ってください。



~~無料メール相談受付中!~~

「動きのコツ」に気をつけても
変化がない場合は、
「気をつけ方が間違えている」
可能性が高くなります。

お一人では正しい感じ方に
気づきにくいことが
多いようですが、
メールのやり取りからも
お体に関する新たな発見や
変化を実感していただける
ことが多くあります。

お体に関するお悩みやご相談が
がございましたら、まずは
お気軽にご相談ください。

ブログ左上にある
「無料メール相談受付中」の
フォームに入力してください☆
スポンサーサイト

足の裏の通り道


脳梗塞や脳内出血による麻痺を

お持ちの方は、歩く中で麻痺側の

足で体を支える際に、

「頼りなさ」を感じる

ことと思います。



そんな時、

力を入れて踏ん張って

いませんか?



支えるリハビリのコツとして、

「体重をのせる足の裏を感じる」

「足の裏を面で支えることを感じる」

といったことがあります☆



しかし、実践されても

気をつけても変わらない

という方は、

体重が足の裏でどのような

通り道を描いているのか


耳を澄ましましょう☆



体重が踵にのった後、

「足の真ん中」を通り過ぎて

すぐに指先で支えて

いませんか?



指先の過剰な力は、硬さと

不安定さの原因

となることがあるのです!



ゆっくりと体重が

踵にのることを感じた後、

小指から親指の付け根(小・母趾球)

という「足の真ん中」を感じてから


指先を感じましょう!



正しく感られると

自然と指先の力が抜けて、

安定しやすく


なります!



脳梗塞や脳内出血のリハビリに

大切なのは「筋力」だけでは

ありません!!



気をつけても変わらないのは、

感じ方が間違えている

のです☆



お一人お一人の脳の状態に合った

オーダーメイドの気をつけ方

を見つけましょう!



(注)普段と異なる動き方をすると
不慣れなためにバランスを
崩してしまうことがあります。
手すりを支えるなど、安定した
姿勢で行ってください。



~~無料メール相談受付中!~~

メールのやり取りからも
お体に関する新たな発見や
変化を実感していただける
ことが多くあります。

お体に関するお悩みやご相談が
がございましたら、まずは
お気軽にご相談ください。

ブログ左上にある
「無料メール相談受付中」の
フォームに入力してください☆

足首の揺れはどこから


脳梗塞や脳内出血によって麻痺を

お持ちの方の歩くリハビリでは、

片足でバランスが取れるようになる

ことが、歩きの安定性や早さに

繋がります!



片足で立ってバランスを

取ろうとした際、

「足首がグラグラする」

と感じる方は、

足首を固めてはいけません



片足で立つ前に、

両足で立った姿勢から

体重をかける時の

足の裏の感覚」に

耳を澄ましましょう☆



良い方は「踵がドッシリ」

しているのに、麻痺側は

つま先に力が入り、

踵が軽く」なっていませんか?



まずは両足で立った姿勢から

良い方のように

踵が重たくなることを感じながら

体重をかけましょう!



踵が重たくなると、

つま先の過剰な力が抜けて

足全体が安定します!



その結果として、

片足バランスにおいて

足首が安定するのです☆



「足首のグラグラ」は

足の裏が正しく感じられない「結果」

として起こっている

ことがあるのです!



(注)普段と異なる動き方をすると
不慣れなためにバランスを
崩してしまうことがあります。
手すりを支えるなど、安定した
姿勢で行ってください。

錯覚と動き


脳梗塞や脳内出血のリハビリでは

手足を動かす練習をしますが、

「動き」だけに注目してはいけません。



「動き」と「感覚」には密接な関係

があるのです!



目を閉じて手足を曲げた後に

目を開けてみると、

思ったよりも曲がってる

思ったよりも曲がっていない

と感じたことはありませんか?



関節の動きを正しく

感じられないと

脳が錯覚を起こすのです!



そして、

錯覚が起きたままでは

脳が正しい動きを

作ることができずに、

動きにくさに繋がります☆



体の姿勢を正し、

良い方の動く感じを参考にして、

関節の正しい感じ方を見つけると

錯覚はなくなります!



錯覚のない気をつけ方で

手足を動かすリハビリをすることで、

動きやすさに繋がります!



(注)普段と異なる動き方をすると
不慣れなために体のバランスを
崩してしまうことがあります。
決して無理のない範囲で
行ってください。

付け根のつまり


脳梗塞や脳内出血のリハビリでは

立ち上がりや歩くといった動作の

練習だけではなく、それらの動作の

基礎となる練習も大切となります。



仰向けで足を曲げる練習の際、

付け根のつまりを感じて

曲げにくい方は、

背中や腰の声を聞きましょう!



肩や腰が浮いていませんか?

体から緊張が足に伝わるのです☆



気をつけて浮いてる所を

床につけるか、それが難しい方は

浮いてる所にタオルを入れて

肩や腰を床につけましょう!



体が落ち着いた状態

足を曲げる練習をすると、

付け根がつまりにくくなり、

足が軽く曲がりやすくなります!



(注)普段と異なる動き方をすると
不慣れなために体のバランスを
崩してしまうことがあります。
仰向けの練習でも、決して無理
のない範囲で行ってください。

面で支える


脳梗塞や脳内出血による

麻痺をお持ちの方で、

歩く中で良い方の足を

前に出す時に、

すぐに着いてしまう方は、

麻痺側の足の声を聞きましょう☆



小指だけの「点」で支える

ヤジロベーのように

なっていませんか?



「支えるコツ」のリハビリとしては、

体重のかけ始めから

踵と親指を感じながら

「面」で支える
ことを

意識しましょう!



正しく感じられると

自然と落ち着きが出てきて、

ヤジロベーには

なりにくくなります!



すると、良い方の足も

すぐに着かずに、

ゆっくりと歩けます!



(注)普段と異なる動き方をすると
不慣れなためにバランスを
崩してしまうことがあります。
手すりを支えるなど、安定した
姿勢で行ってください。

お尻の声を聞く


脳梗塞や脳内出血二おける

手足のリハビリを効果的に

すすめるためには

安定して「真っ直ぐ」座る

ことが大切となります。



真っ直ぐ座ろうとしても

麻痺側のお尻が頼りなくて、

良い方へ傾いてしまう方は、

体重をかけた時の「お尻の声」

に耳を傾けましょう☆



「座るコツ」のリハビリとして、

重みが増える感じだけではなく、

お尻の肉が軟らかくつぶれる感じや、

床に着く面の外への広がり

感じられると、

お尻が安定しやすくなります!



「お尻の声」を良く聞いてから

座ってみると、自然と

「真っ直ぐ」に近づいて

いるかもしれません☆



(注)普段と異なる動き方をすると
不慣れなためにバランスを
崩してしまうことがあります。
手すりを支えるなど、安定した
姿勢で行ってください。

肩の転がり


脳梗塞や脳内出血による手の麻痺の

リハビリをすすめる時、

手を挙げる時のコツとして

「肩の転がる感じ」といった

肩関節の動きの感覚を

気をつけることがあります。



しかし、実践にしていただくと

「気をつけても感じない」

ことはありませんか?



そのような方は

肩甲骨とお尻の声

に耳を傾けましょう☆



肩甲骨を上下左右に動かそうと

しても硬くなっており、

麻痺側のお尻は浮いていませんか?



「肩の転がり」を感じる

リハビリのコツとして、

お尻を安定させて、

肩甲骨を上下左右に軟らかく


動かせるようになると

感じにくかった

「肩の転がる感じ」が

感じやすく
なります!



その結果、手が軽くなり

挙がりやすくなります!!

(注)普段と異なる動き方をすると
不慣れなためにバランスを
崩してしまうことがあります。
手すりを支えるなど、安定した
姿勢で行ってください。

踵は後からやってくる


脳梗塞や脳内出血によって

麻痺をお持ちの方にとりましては、

「歩く」ことがリハビリするうえで

1つの大きな目標になると思います。



歩く中で足が地面に着く時に、

踵ではなくつま先から

着いてしまわれる方は、

踵を押し着けること

ばかり気にしていませんか?



良い方を参考に、

足を前に出す時の

股関節や膝関節・足首の動きの感覚


に耳を傾けると、

足全体の筋肉のバランスが整い

自然と踵から着きやすくなります!



(注)普段と異なる動き方をされると
不安定となりバランスを崩される
危険性があります。手すりを
支えるなど、安全な環境で
行ってください。

立つための体と足


脳梗塞や脳内出血における

足のリハビリにおいては

歩く前の「立ち上がり」が

ポイントになります!



麻痺側の足でも

「良い方と同じく感じられる」

にも関わらず、

上手く立てない方は、

座った姿勢で

体と足の感覚との関係

に耳を済ませましょう☆



背もたれが「ある」と

足の感覚が感じやすいのに、

背もたれが「なくなる」と

足の感覚が感じにくく

なりませんか?



そのような時は、

背もたれをなくした状態で、

体と腰バランスを取りながら、

足を感じると、足の感覚が

感じやすく
なります☆

その結果、

「体を真っ直ぐ保って足を伸ばす」

という立ち上がりに繋がります☆



(注)普段と異なる動き方をすると
不慣れなためにバランスを
崩してしまうことがあります。
手すりを支えるなど、安定した
姿勢で行ってください。

歩きの近道


脳梗塞や脳内出血のリハビリに

おいては、日常生活の過ごし方

もとても大切となります。



日常生活では

急ぐ機会も多いために、

歩幅を大きく速く歩い

のではないでしょうか?



そのような方は、

歩く練習でも同じように

歩幅を大きく速く歩くけれども、

バランスの悪さや硬さを

修正できないことはありませんか?



今は、その歩幅と速さでの練習は

「難しすぎる」のです☆



歩くリハビリのコツとして、

小さな歩幅でゆっくり歩く中で

気をつけたら修正できるコツ

をつかんでから、

大きく速く歩きましょう!



遠回りに感じるかもしれませんが、

回復には近道かもしれません☆



(注)普段と異なる動き方をすると
不慣れなためにバランスを
崩してしまうことがあります。
手すりを支えるなど、安定した
姿勢で行ってください。

| 脳梗塞・脳出血 後遺症の新たなリハビリ「動きのコツ」ホーム |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。