土台の軟らかさ


立った姿勢で麻痺側に体重を
かけるリハビリの時に「不安定さ」を感じ、
体が麻痺側へと傾いていまう方は
腰や足に「力を入れて」支えよう
としていませんか(^_^)?

自然と体が安定して、
体も傾きにくくなる
土台の軟らかさ
のコツとは…??





立った姿勢で麻痺側に体重を
かけるリハビリの時に「不安定さ」を感じ、
体が麻痺側へと傾いていまう方は
腰や足に「力を入れて」支えよう
としていませんか(^_^)?



そのような場合は、
体重をかける時の足首の様子
に耳を傾けましょう☆



麻痺側では、
膝から下が一体と感じるほど、
足首が硬くなってしまい、
足の裏では外側に体重が
かかっていませんか(゚o゚;;??



良い方では、動きに対して
足首は軟らかくフニャリと対応
していて、足の裏は全体で落ち着いて
いますよね(^O^)/



「支えるコツ」のリハビリとしては、
麻痺側でも、体重をかける時に
足首という「土台の軟らかさ
をゆっくりと感じましょう!



正しく感じられると、腰や足に
「力を入れよう」としなくても
自然と足が安定しやすくなり
体も傾きにくくなりますよ(^○^)



リハビリや生活の動きの中で、
「力を入れたくなる」時は
体の気を付け方を変えることで
「楽に動けるコツ」を
見つけましょう☆





(注)普段と異なる動き方をすると
不慣れなためにバランスを
崩してしまうことがあります。
手すりを支えるなど、安定した
姿勢で行ってください。



~~無料メール相談受付中!~~

「動きのコツ」に気をつけても
変化がない場合は、
「気をつけ方が間違えている」
可能性が高くなります。

お一人では正しい感じ方に
気づきにくいことが
多いようですが、
メールのやり取りからも
お体に関する新たな発見や
変化を実感していただける
ことが多くあります。

お体に関するお悩みやご相談が
がございましたら、まずは
お気軽にご相談ください。

ブログ左上にある
「無料メール相談受付中」の
フォームに入力してください☆
スポンサーサイト

| 脳梗塞・脳出血 後遺症の新たなリハビリ「動きのコツ」ホーム |

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://ugokinokotsu.blog.fc2.com/tb.php/17-db810c6c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)