歩く際に膝がグラグラしないコツ Part2


神戸、大阪で噂になっている
脳梗塞・脳内出血の
リハビリ専門の
動きのコツ研究所で代表を
務める生野達也です!



前回の歩く際に
膝がグラグラする
現象を改善するために
まずは座った状態で
左右のお尻を適切に
感じる必要があると
ご紹介しました!



前回の内容は
こちら
→ http://goo.gl/bk8cWo


皆さん実践されて
いかがだった
でしょうか?



少しでも膝が
グラグラする現象を
止められた方は
いい感じですよ(^○^)



では今回は
前回の引き続きで
応用編として
歩く時にも
グラグラしないように
動きのコツを
見つけてみましょう!




WS000004.jpg
ホームページは コチラ



☆ブログランキングに参加しています☆
応援のクリックをお願いします(^-^)

にほんブログ村 病気ブログ 脳卒中・脳梗塞へ
にほんブログ村




今回も歩行の
【支えるコツ】
となります!



前回の内容で
立って状態から
左右へ
体重移動しても
膝がグラグラしない
ことの発見は
ありましたよね??



では立った状態から
グラグラする側の足を
一歩前に出してみて
下さい(^^)



注意として
安定している
環境で行って下さい



そして
足はたくさん出す
必要はありません!
半歩程度でも
いいですよ★



ではここからが
今日のコツ!!!



座って確認した
お尻のどっしり感や
膝がしっかりと
支えられましたよね?



それを踏まえながら
足を一歩前に
出した状態から
まずは
お尻のどっしり感を
探しながら少しずつ
グラグラする側の足へ
体重をかけてみて
下さい(^_^)



体重乗せる時は
お尻のどっしり感
に注意ですよ!!!



ジワジワと
体重を乗せて
みましょう♫



すると...



今グラグラした側の
足はどうですか?



膝がグラグラせずに
真っ直ぐ噛み合い
支えられてませんか?



お尻にある筋肉が
適切に収縮できると
膝周りの筋肉や神経も
ナイスタイミングで
活動するので
グラグラがすっかり
改善(^◇^)



さらに
太ももの骨と
ふくらはぎの骨とが
わずかですが
捻れて噛み合うことが
出来ているんですよ!



大成功(⌒▽⌒)



座って確かめて
次は立って
一歩前に出して
確認できれば
それをイメージして
歩く時も気をつけて
みましょう!!



はじめは
ゆっくりした速度で
確かめてみて下さい!



ゆっくり
歩きながら...



お尻のドッシリ感を
思い出してつつ



体重を乗せていくと



膝がグラグラせずに
支えることが
出来ていますよね?



また皆さん
是非試してみて下さい!



そして私も
ブログをしています★
また良ければ覗いて下さい



関西発 回復期リハセラピスト
social reha blog 「HABISTA」

http://habista.blog.fc2.com/







WS000004.jpg
ホームページは コチラ



☆ブログランキングに参加しています☆
応援のクリックをお願いします(^-^)

にほんブログ村 病気ブログ 脳卒中・脳梗塞へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

| 脳梗塞・脳出血 後遺症の新たなリハビリ「動きのコツ」ホーム |

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://ugokinokotsu.blog.fc2.com/tb.php/180-ccee0c2e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)