腕を楽に挙げる意識の向け方


神戸、大阪で噂になっている
脳梗塞・脳内出血の
リハビリ専門の
動きのコツ研究所で代表を
務める生野達也です!



皆さんは
どのようにして
腕を上げていますか?



「精一杯力を入れて
上げている」



「体を傾けて腕を
上げている」
など



皆さん様々な
腕の上げ方が
あると思います。



しかし、
力を精一杯入れると
肩が凝ったり、
腕が疲れたりと
様々な悩みを
皆さんはお持ちだと
思います。



そんな方のために
少し考え方を
変えるだけで
楽に腕を上げれる
ようになるかも
しれないコツを
お伝えします☆



WS000004.jpg
ホームページはコチラ



☆ブログランキングに参加しています☆
応援のクリックをお願いします(^-^)

にほんブログ村 病気ブログ 脳卒中・脳梗塞へ
にほんブログ村




今回は【肩を上げる】の
カテゴリとなります☆



それでは、
いきましょう(^^)/



皆さんは
腕を上げる時
無意識に何も考えずに
上げる方が大半だと
思います。



僕自身も
腕を上げる時は
「コップを取ろう」
などを考えて
手を動かすので
特に肩や腕の動きを
意識したりは
していません。



健常な時は
小さい頃に培った
身体の使い方があり
無意識下でも自動的に
最適な身体の
使い方をしてくれるので、
体に余計な力が入ったり
腕を動かすのに
精一杯力を入れることは
ありません。



しかし、
一度麻痺を
お持ちになると
今まで無意識で
行っていた
最適な身体の使い方を、
身体が忘れてしまい
余計に力が入って
しまったり、
体幹などの他の部位の
筋肉を使うことに
なってしまいます(>_<)



脳梗塞や脳出血に
なられてから
腕が重くなったので
力を入れて
腕を上げている方を
多く見かけます(+o+)



実はこの
「腕が重い」原因が
腕の動かし方一つで
変わるかも
しれないのです!



では
どうすれば良いか?



ポイントは
「関節の動きを感じる」
です(^o^)/



では
やってみましょう!



まず
椅子に座り
身体が左右で
崩れていないか
左右のお尻に同じように
どっしりと座れているか
確認してください。



次に
手を上げます。



ここで注意して
ほしいことは、
「腕を上に上げる!」
という意識だと
腕に余分な力が
入りやすく、
重い腕を持ち上げようと
してしまうため、
腕が重く
感じてしまいます。



そのため
肩の関節を前に
曲げるように
意識してください!



筋肉の突っ張る感じ
ではなく
関節を曲げている感覚を
意識して肩の関節を
曲げてください!



こうする事で、
余分な力が入りにくく
効率良く力を使う事が
できます(^^)/



腕を上げる動作では、
必ず肩が前に
曲がってきます。



同じ身体の使い方でも
意識を変えるだけで、
力の使い方は
変わってきます(^^)



どうですか?
少し楽に腕が
上がりましたか?



まだ、
違和感があったり
腕が重いと感じる方は
腕を上げてる時の
身体の傾きにも意識を
向けてみて下さい。



肩や腕に
意識が向くと
腕を上げる際に、
身体の姿勢に
意識が向きにくくなり
非麻痺側に
傾きやすくなります。



左右の均等な
お尻のどっしり感を
感じながら、
先ほどの
腕の上げ方を行う事で
身体の傾きは
軽減できると
思います(^o^)



どうですか?
腕が少し楽に
上げられるように
なりましたか?



腕を上に上げるのが
難しい方は
腕を膝の上から
テーブルの上に
移動させるような
小さな動きから
始めてみてください☆



今回は、
楽な腕の上げ方のコツを
お届けしました(^o^)



精一杯頑張らなくても
意識や上げ方を
変えるだけで
腕は楽に上がる
こともあるので
ぜひ、
試してみてください
!(^^)!







※厳選された動きのコツの情報
をメールで携帯へお届けします!
無料メルマガ登録は、今すぐ
a+1218k@dmq.jpへ空メールを送信!



WS000004.jpg
ホームページはコチラ



☆ブログランキングに参加しています☆
応援のクリックをお願いします(^-^)

にほんブログ村 病気ブログ 脳卒中・脳梗塞へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

| 脳梗塞・脳出血 後遺症の新たなリハビリ「動きのコツ」ホーム |

コメント

いつもありがとうございます。

>腕を上げる動作では、
>必ず肩が前に
>曲がってきます。

ということですが、肩が前に曲がるとは
どういうことですか?
背骨を中心に捻られる。ということですか?

教えてください。
私の場合は痛みがあるので・・・

「前に曲がる」について

>末吉知明さん

お返事が遅れまして失礼しました!
言葉がわかりにくく、申し訳ありません。

「腕を上げる動作において、肩が前に曲がってくる」
というのは、わかりにくかったです・・・

ここで大切なのは腕を上げる動作において、
腕の付け根である肩関節がなめらかに動く
ことを感じていただくことにあります☆

「頑張ってあげよう!」とするのではなく、姿勢を保ち
「肩関節がなめらかに動いていることを感じながら
ブラント楽に腕を動かす」ことで、
意外にも楽に動くことがあります。

すいません。どうすれば肩関節を前に曲げられますか?肩関節が健常側でも曲がりません。

もしかして肩甲骨も肩関節ですか?腕を前に出すと肩甲骨が動きます。肩甲骨裏に筋肉を収縮させるという意味ですか?

曲げるということなので違いそうです。腕をあげると意識すると代償が入るから肩関節を曲げる意識で動かせば腕が上がるのですか?

腕を軽く上げたいです。詳しく知りたいです。東京なので大阪まで通院は難しいです。動画などで解説していただけると助かります。

ご相談をいただきまして、ありがとうございます。

肩甲骨は肩関節に含まれます。

手を動きやすくするためには、肩甲骨の柔らかさが
大切となります。

以下に特に効果的な動画をご紹介させていただきます。
一つずつ実践してみてください。

具体的には以下の動画の①を行った後で
②を行うことが良いです。

①肩甲骨をやわらかくするためのコツ
http://www.ugoki-no-kotsu.com/rehabilitation_movie/cate_05_00002.html

※うまくいかない時は→http://www.ugoki-no-kotsu.com/rehabilitation_movie/cate_05_00003.html

②肩を楽にあげるコツ
 http://www.ugoki-no-kotsu.com/rehabilitation_movie/cate_05_00004.html

ポイントは、座った姿勢を整えまして、肩は小さな動きから始めることにあります。

動画の中に足のリハビリもございますので、ぜひともご覧ください。
うまくいかないことがございましたらいつでもご相談ください。

また、毎月東京へ出張リハビリを行っておりますので、よろしければご検討ください。
→ http://www.ugoki-no-kotsu.com/other/multi31.html
※現在、10月以降も開催しますがご予約がいっぱいとなっておりますので、キャンセル待ちであれば承れます。

今後ともよろしくお願いいたします。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://ugokinokotsu.blog.fc2.com/tb.php/188-406659f8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)