スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

固く丸まった手を開くコツ


神戸、大阪で噂になっている
脳梗塞・脳内出血の
リハビリ専門の
動きのコツ研究所で代表を
務める生野達也です!



患者さんを
見ていると
麻痺のある手は
いつも固く丸まって
握り込んでいると
いうことがよく
見受けられます(>_<)



そんな時
よく良い方の手で
指を伸ばすように
ストレッチする
ということがあると
思います☆



指がよく伸びて
気持ちいいや
少し痛いけど
頑張って
伸ばしている(>_<)
など様々だと
思います☆



しかし
伸ばした手も
何かの拍子に
すぐに丸まって
もとに戻ると
いうことがよく
あると思います(・・;)



今回は指を
伸ばす以外に
手を少しでも
開けるような
コツをお伝えしたい
と思います(^^)



WS000004.jpg
ホームページはコチラ



☆ブログランキングに参加しています☆
応援のクリックをお願いします(^-^)

にほんブログ村 病気ブログ 脳卒中・脳梗塞へ
にほんブログ村




今回は
【指の動きのコツ】に
なります(^^)v



では早速いきますよ!



指が丸まってしまうと
なかなか開けなくなる
のはなぜでしょうか?



実は
手は指や手首には
曲げる筋肉が多く
そして
曲げる筋肉の方が
伸ばす筋肉よりも
強いのです!



なので
いくら伸ばしても
曲げる筋肉が
勝ってしまうので
いつの間にか
丸まってしまう
ということに
なってしまいます(>_<)



そして
丸まった指を
見てみて下さい☆



指の腹は
握り込んでしまうため
本来指で探索したり
物を触るという
機会が減り
指の感覚の機能も
落ちてしまいます(>_<)



では
どうすればいいのか?



まず
ハンカチやティッシュ
服やマフラーなど
他の物でも
構わないので
それぞれ一枚ずつ
用意して下さい☆



そして良い方の手で
ハンカチを手に取り
握り込んでいる
親指の腹や
人差し指の腹など
感触がわかるかどうか
触ってみて下さい!



う~ん
よくわからないな(T_T)



という方は
良い方の指でハンカチや
ティッシュの感触を
触って確認してから
もう一度
麻痺している指の腹
に当てて感触を確かめて
みて下さい☆



焦ってはいけませんよ☆



ゆっ~くり
少しでもいいので
良い方で感じた
感触を思い出して
麻痺側の指の腹でも
感触を探して
みて下さい(^^)



あっ!
何か感じた♪
という方は
もう一方の
ティッシュもしくは
ハンカチの方でも
感触を確かめて
みましょう☆



柔らかさの違いや
感触の違いが
少しでも感じる
ことが出来た
でしょうか?



指の腹でわかったら
少し指が伸びやすく
なっていることも
あるかもしれません♪



では次に自分の太もも
に手を置いて
みましょう(^O^)/



この時に大切なことが
ズボンなどの
服の素材を指の腹で
確かめるようにしながら
「伸ばす」のではなく
「置く」ようにして
良い方の手で
優しく麻痺側の指を
開いてみて下さい☆



良い方の手で
麻痺した指を
少し動かしながら
素材を確かめる
ように集中しながら
すりすりと触って
いきましょう☆



そうしながら
太ももの形に合わせて
ゆっくり手を
置いてみましょう☆



するとどうでしょうか?



握り込みが
少なくなったり
手が開いたままで
太ももに置けて
いないでしょうか?



実は
指の腹はとても
繊細で物を操作する
際の感覚を受け取る
のに適しているのです☆



なので
指の腹で感触を
確かめることで
指を曲げる筋肉が
緩みやすくなる
という訳です(^O^)/



今回は
手を開くコツと
しまして指の腹で
探索する重要性から
開くコツをお伝え
させて頂きました☆



良かったら、
実践された感想など
何でもいいので
お聞かせくださいね!







※厳選された動きのコツの情報
をメールで携帯へお届けします!
無料メルマガ登録は、今すぐ
a+1218k@dmq.jpへ空メールを送信!



WS000004.jpg
ホームページはコチラ



☆ブログランキングに参加しています☆
応援のクリックをお願いします(^-^)

にほんブログ村 病気ブログ 脳卒中・脳梗塞へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

| 脳梗塞・脳出血 後遺症の新たなリハビリ「動きのコツ」ホーム |

コメント

手が

いつも大変ありがとうございます。今回のアドバイスですが、手のひらを上に向けた時には指は緩んで開き易くなりますが、下に向けると指が丸まってきます。

手の曲がりについて

>末吉さん

お返事がくれまして失礼しました。

手の平の向きによって指の硬さに違いがあるということは
肩や肘の動かし方にクセが着いておられる可能性があります。

そのため今回の内容に加えまして、
肩のコツや肘のコツを練習していただくことによって
結果として指にも良い影響が出てくる可能性があります。

○肩のコツ http://ugokinokotsu.blog.fc2.com/blog-category-18.html
○肘のコツ http://ugokinokotsu.blog.fc2.com/blog-category-9.html

肩と肘のコツを練習していただく前後で
指の状況を確認していただきますと、
効果がわかりやすいかと思います。

ぜひとも実践にただきまして、
ご様子をお聞かせください。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://ugokinokotsu.blog.fc2.com/tb.php/196-a2da3db7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。