スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

方向転換のコツ


神戸、大阪で噂になっている
脳梗塞・脳内出血の
リハビリ専門の
動きのコツ研究所で代表を
務める生野達也です!



みなさんは
方向転換のときに
「もっとゆっくり」
などと声を掛けられた
ことはないでしょうか?



そう言われても…
どうやったら
ゆっくりできるの??
ゆっくりしている
つもりだけど…
と思われた経験は
ないでしょうか(―_―)??



そんな方は
必見です☆



WS000004.jpg
ホームページはコチラ



☆ブログランキングに参加しています☆
応援のクリックをお願いします(^-^)

にほんブログ村 病気ブログ 脳卒中・脳梗塞へ
にほんブログ村




今回は
【方向転換のコツ】
となります!!



先にも述べましたが
今までリハビリや
生活の中で
方向転換が不安定で
「もっとゆっくり!!」
などと声を掛けられた
ことはないでしょうか?



自分としては
ゆっくりやっている
つもりだけど…
じゃあどうしたら
いいの??
と、経験をされた
方も多いのでは
ないでしょうか。



思い返せば
自分も現場で
「もっとゆっくり」
などという言葉がけを
していたと思います(+_+)



今回は
ちょっと意識する
だけで効果が出ると
思いますので
是非
試してみてください☆



ではさっそく(^^)



まずなぜ方向転換の
ときに不安定になったり、
動作が早くなったり
するのでしょうか?



それは
座る場所が
見えているから、
目標の場所を
意識してしまうから、
といった眼からの情報
が優位になってしまい
身体の情報に眼を
背けがちになっている
のではないでしょうか??



そのように眼の情報が
強くなって
身体に注意が向いて
いない時の姿勢が
不安定になり、
動作が早くなる
要因なのです☆



次にその
姿勢からくる
バランスの崩れを
どうすればいいのか
紹介しますね(^^)



身体に注意が向かず
座る場所を見ている
時の姿勢といえば…



そうです!!



前かがみになって
いますね☆
前かがみになると
重心が低くなり、
そして重心が前に
なりますね!!



はじめから
重心が前にあり
、さらに低い
状態では
身体を支えるのが
難しいですね。



では、重心が低く
なっているのは
どうやってわかるの??



重心を知る
そのポイントは
骨盤です!(^^)!



特に麻痺を呈されている
方は麻痺している方の
骨盤の位置が
下がっている場合が
あります!!



近くに
支えや手すりが
ある方は
実際に感じて
みてください!(^^)!



実践されても
骨盤の位置なんて
わからないよ。
と思われた方は
注意するポイントを
骨盤から足底に
変えてみてください☆



そして
足で立っている
感じを、つまり
荷重感覚を
感じ取って
みてください!!



「いつもと違って
足から体重が
一直線に骨盤まで
上がってくる」
といった
感覚が感じられた方は
骨盤がうまく
使えている
証拠ですよ(^^♪



足は骨盤から
膝、足底と
1本に繋がっている
ので、
足底の感覚を
頼りにして
骨盤の位置を
認識するように
方向転換を
行ってみてください!!



どうでしょうか??



しっかり支えられて
方向転換が
しやすくなった!と
感じられましたか(^^)



足底を頼りに
骨盤の位置で
左右で高さの
違いを
感じることが
できますよね!(^^)!



足底の感覚が
感じ取れない方
でも、「いつもと
違う感覚」や、
「体重が一本の
線のように昇ってくる」
といった主観的な
感覚でも
効果は実感できる
と思いますので
是非試してみてください☆



では失礼いたします。







※厳選された動きのコツの情報
をメールで携帯へお届けします!
無料メルマガ登録は、今すぐ
登録フォームから!



WS000004.jpg
ホームページはコチラ



☆ブログランキングに参加しています☆
応援のクリックをお願いします(^-^)

にほんブログ村 病気ブログ 脳卒中・脳梗塞へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

| 脳梗塞・脳出血 後遺症の新たなリハビリ「動きのコツ」ホーム |

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://ugokinokotsu.blog.fc2.com/tb.php/210-0104f56b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。