スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

楽に起き上がるためのコツ Part1


神戸、大阪で噂になっている
脳梗塞・脳内出血の
リハビリ専門の
動きのコツ研究所で代表を
務める生野達也です!



今回は、
起き上がる際に気を
つけるリハビリの
ポイントを2回に
分けて
ご紹介します
(*^_^*)



1回目は
「カラダの重みと
川の流れ」
です!


☆マンツーマンで
あなただけの動きのコツ
を見つけるための
日本唯一の場所…
WS000004.jpg
ホームページはコチラ



☆ブログランキングに参加しています☆
応援のクリックをお願いします(^-^)

にほんブログ村 病気ブログ 脳卒中・脳梗塞へ
にほんブログ村




今回は【起き上がりのコツ】
になります!



以前に楽な寝返りを
するためには
背中の天秤が大切
だとお話しました。



この
「背中の天秤」が
感じられることで、
横を向いて寝る状態
となります。



この横を向いて
寝返ることが
出来れば
次はカラダを
ベッドから徐々に
離して、

起き上がる側の肘で
支える過程と
なります。



寝返れるけれど、
起き上がる時は
麻痺している手足が
曲がってしまう方は
いませんか?



起き上がりなると
柵を引っ張ったり、
反動をつけて
起き上がってしまい
反対側の手足に力が
入ってしまいます。



これでは、滑らかに
起き上がることが
出来ません。



そこでまずは、
「背中の天秤」を
感じられたら
横を向いて床に
着いている側の
脇を軽く広げて
自分のカラダの
起こしながら
重みを肩から肘へと
流してあげましょう。



右に起き上がる場合、
カラダを起こしつつ
頭や左半身の重みを
右側の肩から肘へ
預けるようにして
流れていきます。



左に起き上がる場合、
カラダを起こしつつ
頭や右半身の重みを
左側の肩から肘へ
預けるようにして
流れていきます。



カラダの重みを
川の流れのように
変化を感じながら
起き上がると
ベッドに対し肘が
重みとともに
沈んでいくことが
分かります。



その結果、
力を使って
起き上がらなくても
楽に起き上がる
ことが
できますよ!(^^)!






☆マンツーマンで
あなただけの動きのコツ
を見つけたい方は
WS000004.jpg
へご相談ください!

ホームページはコチラ



※厳選された動きのコツの情報
をメールで携帯へお届けします!
無料メルマガ登録は、今すぐ
登録フォームから!



※現在、募集中のセラピストを
 対象としたセミナーはコチラ↓

○10月3日、10月11日
“楽に立ち上がるコツ”
リハビリセミナー

⇒詳細と申し込みはコチラ



○10月31日、11月8日
“腕を軽く使うコツ”
リハビリセミナー

⇒詳細と申し込みはコチラ



☆ブログランキングに参加しています☆
応援のクリックをお願いします(^-^)

にほんブログ村 病気ブログ 脳卒中・脳梗塞へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

| 脳梗塞・脳出血 後遺症の新たなリハビリ「動きのコツ」ホーム |

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://ugokinokotsu.blog.fc2.com/tb.php/244-554cff3a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。