スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

膝をロックしない伸ばし方のコツ


神戸、大阪で噂になっている
脳梗塞・脳内出血の
リハビリ専門の
動きのコツ研究所で代表を
務める生野達也です!



今回は
立った姿勢で
「膝をロックしないで
支えるコツ」
をご紹介します(^○^)!



「ロックしない
膝の伸ばし方のコツ」
です!!



足の裏の
感じ方を
少し変えるだけで
膝のロックは
減ってきますよ☆


☆マンツーマンで
あなただけの動きのコツ
を見つけるための
日本唯一の場所…
WS000004.jpg
ホームページはコチラ



☆ブログランキングに参加しています☆
応援のクリックをお願いします(^-^)

にほんブログ村 病気ブログ 脳卒中・脳梗塞へ
にほんブログ村




今回は【支えるコツ】
になります!



立った姿勢で
麻痺された膝を伸ばす
とカクンとロックして
しまう方は、とても
不安定で余計な力が
入ることも
ありますよね(+o+)



それをなんとかしよと
膝の筋力を鍛えて
ばかりいませんか?



確かに
ロックしてしまうのは
膝の筋力がうまく
働かないのが原因
です☆彡



しかし、脳の働きを
考えると、実は
「感じられないから」
膝の筋力が働かない
んです(T_T)



具体的に確認して
いきますね(^O^)/



麻痺されている膝を
伸ばした状態から
曲げた時の
「足の裏の感覚の変化」
を感じてみましょう!



膝が伸びている時は
踵に重みがかかっていて
曲がると同時に
「踵が一気に軽く」なり
つま先へと重みが
移っていませんか?



そんな時は、
良い方の感じ方を
参考にしましょう!



良い方では、
膝が伸びている時は
踵に重みがかかるのは
同じですが、
膝が曲がると
「踵に体重が
   残ったままで」
つま先が重く
なっていませんか!?



そんな感じ方の違いが
筋肉の働きにくさ
の原因となっている
のです(^o^)丿



麻痺されている膝で
ゆっくりと曲げながら
「踵に体重が残った
 状態でつま先が
     重くなる」
ことを感じましょう!!



そして、そこから
「つま先が軽く
 なりながら踵が
 重くなる」ことを
感じながら膝をゆっくり
伸ばしましょう(^○^)



するとどうでしょう!?



正しく感じられると
膝を伸ばした状態で
膝の筋肉が働きやすく
なり、自然とロックが
でにくくなりますよ☆



力まかせはいけません!



落ち着いた姿勢で、
ゆっくり動きながら
足の変化を
感じましょう(^O^)/



次回は
「骨ではなく肉で
安定した支えるコツ」
をご紹介します☆



乞うご期待!!






☆マンツーマンで
あなただけの動きのコツ
を見つけたい方は
WS000004.jpg
へご相談ください!

ホームページはコチラ



※厳選された動きのコツの情報
をメールで携帯へお届けします!
無料メルマガ登録は、今すぐ
登録フォームから!



※現在、募集中のセラピストを
 対象としたセミナーはコチラ↓

○10月3日、10月11日
“楽に立ち上がるコツ”
リハビリセミナー

⇒詳細と申し込みはコチラ



○10月31日、11月8日
“腕を軽く使うコツ”
リハビリセミナー

⇒詳細と申し込みはコチラ



☆ブログランキングに参加しています☆
応援のクリックをお願いします(^-^)

にほんブログ村 病気ブログ 脳卒中・脳梗塞へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

| 脳梗塞・脳出血 後遺症の新たなリハビリ「動きのコツ」ホーム |

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://ugokinokotsu.blog.fc2.com/tb.php/268-c12e8d3f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。