腕を楽に使うコツ Part4


神戸、大阪で噂になっている
脳梗塞・脳内出血の
リハビリ専門の
動きのコツ研究所で代表を
務める生野達也です!



「肩甲骨の基礎工事」
を紹介しますね☆



Part1~4を実践してから
動きのコツ体操教室に
参加していただけると
とても効果的!!



まずは、
軽い復習から(^^)



肩が楽に動くためには
肩甲骨の軟らかさが大切
になります!



そして、Part2と3では、
肩甲骨が軟らかく動かす
ための肩甲骨と腰のコツ
を紹介しました
よね(^_-)



Part3での
腰を安定させるコツ
を実践される中で、



「腰がしっかりしていて
動かない」ことに
気をつけながら、
肩甲骨を動かそう
としても、



「腰が動いてしまう」
とうまくいかない方!



今回は、
「腰が動かなくなる」
ようなコツですよ☆



うまくいっている方も
さらに腰が安定すると
もっと肩甲骨が動き
やすくなります!!



座るコツ
 ↓
腰が安定
 ↓
腕を楽に使う!
この流れが大切です!


☆マンツーマンで
あなただけの動きのコツ
を見つけるための
日本唯一の場所…
WS000004.jpg
ホームページはコチラ



☆ブログランキングに参加しています☆
応援のクリックをお願いします(^-^)

にほんブログ村 病気ブログ 脳卒中・脳梗塞へ
にほんブログ村




今回は【座るコツ】
になります!



それでは、
いきましょう(^0^)/



「腰がしっかりしていて
動かない」ことに
気をつけながら、
肩甲骨を動かそう
としても、



「腰が動いてしまう」
とうまくいかない方は



「腰がどのよう
不安定になっているか」
確認してみてください☆



どうですか???



どこが安定していない
様子でしょうか???



どこから動いてしまって
いますかね???



そうです(*_*)



麻痺側では
「お尻がグラグラ
している(T_T)」



「お尻がしっかり
していない(・。・;」
というようになって
いますよね(>_<)?



そのお尻の不安定さが
あることで、
「腰が動いてしまう」
原因なのです!!



それでは、
お尻が安定するコツを
見つけていき
ましょう(^◇^)



まずは、座った姿勢で
猫背になってください☆



この時のお尻の状態
に注目!!



猫背になっていると
「お尻の後ろがベタッと」
椅子について
いますよね(^−^)☆



そこから背筋を
伸ばしていきます!



この時に、
背筋だけ伸ばそうと
すると、腰を痛めるので
要注意(+_+)!!



背筋と一緒に
お尻の着き方を変えて
いくのがポイント
となるんです(^_-)



具体的に説明しますね☆



お尻の後ろ重たくなって
椅子に着いている
猫背の姿勢が
スタート(^u^)



背筋を伸ばしていくと
同時に、
「お尻の後ろが軽くなり
離れていく」
ことに注意して
ください(^_-)



そしてぇ…



「お尻の後ろが軽くなり
離れていく」
のと一緒に
「お尻の前や太ももで
椅子についている所が
重たくなっていく」
ことに注意しいて
ください(^u^)



詳しくは、添付した
写真を参考にして
くださいね(^◇^)



ポイントは
体を左右に傾かずに
左右のお尻は同じくらい
着けてすること!!!



麻痺側を着けようと
することばかりに注意
していると、
気が付いたら麻痺側に
体が傾いていることが
あるので気をつけて
ください(^_-)



「背筋を伸ばそう」と
するのではなく、
「お尻の着き方を変える」
ようにする方が
うまくいくかも
しれませんよ(^0^)



無理な力を入れずに
ゆっくり、ゆっくり…



どうでしょうか?



背筋を伸ばしながら
「左右のお尻の前や
太ももで椅子について
いる所が重たくなって」
きましたか??



ここからが本番!!



「左右のお尻の前や
太ももで椅子について
いる所が重たくなって
安定している」
ことに注意しながら
肩甲骨を動かして
いくんです(^.^)



肩甲骨を動かすコツは
(1)肩甲骨が
「前」に動く時は
「胸が縮んで、
背骨と肩甲骨の
間が伸びる」
感じ



(2)肩甲骨が
「後ろ」に動く時は
「胸が伸びて、
背骨と肩甲骨の
間が縮む」
感じ



に気を付けて
することでしたよね☆



こちらも、無理な力を
入れるのではなく…



ゆっくり、ゆっくり…



どうでしょうか??



はじめよりも、
腰が安定しています
よね(^u^)



そして!!!



腰が安定していると
肩甲骨が動きやすい
ですよね(*^_^*)



ここからが、
最後の仕上げ!!



肩甲骨が動きやすく
なったならば、



「左右のお尻の前や
太ももで椅子について
いる所が重たくなって
安定している」
ことに注意しながら
腕を軽くあげてみて
ください(^_-)



力を入れてあげようと
するのではなく、
「肩の動き」を
感じながら
でしたよね(^◇^)



どうでしょう!?



はじめよりも、
少しでも腕が軽く
あがるようであれば
大成功(*^_^*)



たくさん上がらなくても
重たかった腕が
少しでも軽くなって
いれば大成功ですよ☆



腕の動きに大切な
肩甲骨を動きやすく
するためには、
基礎となる
腰やお尻の使い
を正していくのが
大切なんです(^u^)



今回のPart1~4の
「楽に腕を使うコツ」
を整理すると、



Part4から
Part3→2→1と順に
練習すると効果的
です(^◇^)



上手くできた
上手くできなかった
よくわからなかった
など良かったら、
実践された感想など
何でもいいので
お聞かせくださいね!






☆マンツーマンで
あなただけの動きのコツ
を見つけたい方は
WS000004.jpg
へご相談ください!

ホームページはコチラ



※厳選された動きのコツの情報
をメールで携帯へお届けします!
無料メルマガ登録は、今すぐ
登録フォームから!



※現在、募集中のセラピストを
 対象としたセミナーはコチラ↓

○10月3日、10月11日
“楽に立ち上がるコツ”
リハビリセミナー

⇒詳細と申し込みはコチラ



○10月31日、11月8日
“腕を軽く使うコツ”
リハビリセミナー

⇒詳細と申し込みはコチラ



☆ブログランキングに参加しています☆
応援のクリックをお願いします(^-^)

にほんブログ村 病気ブログ 脳卒中・脳梗塞へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

| 脳梗塞・脳出血 後遺症の新たなリハビリ「動きのコツ」ホーム |

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://ugokinokotsu.blog.fc2.com/tb.php/281-8048e6fb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)