スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

家族ができるベッド操作のコツ


神戸、大阪で噂になっている
脳梗塞・脳内出血の
リハビリ専門の
動きのコツ研究所で代表を
務める生野達也です!



今回の内容は、
「家族ができる
ベッド操作のコツ」
について
ご紹介したいと
思います(^O^)



脳に障害が起こると
手足に麻痺が生じて
しまい、ご自分で
体を動かすのが
難しい方もおられ
ますね!



そのような時は、
やはりご家族の
介護も必要に
なります。



ベッドで寝ている
状態で
テレビを見たり、
本を読んだり
する時、また、
ベッドで食事
などをする時に
ベッドの
「ギャッジアップ
(ダウン)機能」を
使いませんか?



この、
ギャッジアップ
(ダウン)機能は
とても便利
ですよね(^-^)



電動式なら
ボタン一つ、
手動式なら
ハンドルを
回すことで
自由にベッドの
角度を調整することが
できますよね!



普段、何気なく
ギャッジアップ
(ダウン)を
している方も
多いのでは
ないでしょうか?



実は、
こんな便利な
機能にも
落とし穴が
あるんです(>_<)


☆マンツーマンで
あなただけの動きのコツ
を見つけるための
日本唯一の場所…
WS000004.jpg
ホームページはコチラ



☆ブログランキングに参加しています☆
応援のクリックをお願いします(^-^)

にほんブログ村 病気ブログ 脳卒中・脳梗塞へ
にほんブログ村




今回は
【寝るコツ】
になります!



便利な機能の
落とし穴とは
一体何か?



詳しく
ご紹介しますね☆



ベッドに寝ている
状態から、
ギャッジアップ
(ダウン)機能を
使い、体を起こすと
体が少しずつ
ベッドの足元に
下がってきて
しまいます。
そして、
衣服とシーツに
摩擦が起こる事で
背中や足に
ズレが生じて
しまいます!



この、ズレが
生じたままに
していることが
原因で
体に褥瘡(床ずれ)が
できてしまう
危険性があります。



その他にも、
ギャッジアップ
(ダウン)を
する事で、
膝が曲がりすぎたり
お腹を圧迫したり
することで、
痛みや不快感から
筋肉の緊張を高めて
関節の拘縮に
繋がるかも
しれません。



そこで、今回の
ポイントは、
このギャッジアップ
(ダウン)機能を
使った後に行う、
「背抜き」と
「足抜き」です!



みなさんは、この
「背抜き」や
「足抜き」という
言葉を聞いたことが
ありますか?



初めて聞いた方も
おられるかも
しれませんね!



では、
「背抜き」と
「足抜き」に
ついて詳しく
説明していきますね!



ベッドに寝た状態から
ギャッジアップ
(ダウン)機能を
使うことで、
ベッドの角度を
自由に調整すること
ができます。



この時に、
身体が少しずつ
足元に下がる
ことで、
背中や足に
ベッドとのズレが
生じてしまい
褥瘡(床ずれ)や
関節が硬くなる
などの危険性を
お話させて
いただきましたよね!



「背抜き」と
「足抜き」とは
この、体に起こる
「ズレ」を
最小限にする
ための方法を
いいます(^^)/



それでは、
実践して
みましょう!
(^-^)



まず、
ギャッジアップを
する時は
頭側からではなく、
足元から行い
ましょう!



足元から
ギャッジアップを
する事で、
体が足元に下がる
のを予防して
くれます。



足元の
ギャッジアップ
機能が
ない方は、
初めに膝を少し
曲げてみましょう。



そして、
次に頭側の
ギャッジアップを
行います。



頭側の
ギャッジアップを
行った時、
体が少し
足元に下がり、
シーツも下に
引っ張られた
状態になって
いませんか?



そうです!
この衣服とシーツに
摩擦が起こり、
背中と足に
ズレが生じることで
褥瘡(床ずれ)や
関節が硬くなる
原因となります。



そのために、この
「背抜き」と
「足抜き」が
大切になります。



では、まずは
「背抜き」を
してみましょう!



両方の肩甲骨の下に
手を入れて
少し体を起こして
下さい。



そのままの状態で
背中から腰に
かけて
手のひらで数回
大きくなでる
ようにします。



そして、ゆっくりと
背中をベッドに
戻して下さいね!



次に
「足抜き」を
します!



踵と膝下を持ち、
足を軽く浮かせ
て、ベッドに
下ろしましょう!



これだけで
「背抜き」と
「足抜き」は
完了です!



どうですか?



意外に、
すぐできますよね!
細かいことかも
しれませんが、
「背抜き」と
「足抜き」を
するだけで、
ベッド上での生活が
快適になり、
更に、褥瘡(床ずれ)
や関節拘縮の
予防に繋がります。



今回は、
家族ができる
ベッド操作のコツ
について、ベッドを
ギャッジアップ
(ダウン)したときの
「背抜き」と
「足抜き」について
ご紹介しました!



上手くできた
上手くできなかった
など
良かったら、
実践された感想を
お聞かせくださいね!


☆マンツーマンで
あなただけの動きのコツ
を見つけたい方は
WS000004.jpg
へご相談ください!

ホームページはコチラ



※厳選された動きのコツの情報
をメールで携帯へお届けします!
無料メルマガ登録は、今すぐ
登録フォームから!



※現在、募集中のセラピストを
 対象としたセミナーはコチラ↓

○10月3日、10月11日
“楽に立ち上がるコツ”
リハビリセミナー

⇒詳細と申し込みはコチラ



○10月31日、11月8日
“腕を軽く使うコツ”
リハビリセミナー

⇒詳細と申し込みはコチラ



☆ブログランキングに参加しています☆
応援のクリックをお願いします(^-^)

にほんブログ村 病気ブログ 脳卒中・脳梗塞へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

| 脳梗塞・脳出血 後遺症の新たなリハビリ「動きのコツ」ホーム |

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://ugokinokotsu.blog.fc2.com/tb.php/304-b4b4feb7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。