スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

楽に起き上がるコツ 順序編


神戸、大阪で噂になっている
脳梗塞・脳内出血の
リハビリ専門の
動きのコツ研究所で代表を
務める生野達也です!



みなさんは
起き上がる時に
どのような
起き方をされて
いますか?



筋力がある方は
真っ直ぐ
起き上がるかも
しれませんし
手すりを引き込んで
起き上がるかも
しれません。



起き上がり方は
本当色んな
バリエーションが
あるんですよ(^O^)/



今回はそんな
起き上がり関して
楽に起き上がるための
コツをご紹介
しますね(^O^)/


☆マンツーマンで
あなただけの動きのコツ
を見つけるための
日本唯一の場所…
WS000004.jpg
ホームページはコチラ



☆ブログランキングに参加しています☆
応援のクリックをお願いします(^-^)

にほんブログ村 病気ブログ 脳卒中・脳梗塞へ
にほんブログ村




今回は
【起き上がり】の
カテゴリーに
なります(^^)/



麻痺によって
身体が不自由になれば
本当っっ
起き上がるって
簡単そうでも
なかなかスムーズに
起きることが
出来なく
なりますよね?



皆さんそんな
経験ありますか?



病院のベッドでは
クッションが
柔らかすぎて
寝返ることすら
苦戦している方も
たくさんおられます



でもベッドなどの
環境だけではなく
身体の使い方を
気をつけることで
同じベッドからでも
楽に起き上がれる
コツがあるんです!



少し思い出して
欲しいのですが
起き上がる時に
どのような順番で
身体を動かし
始めますか?



手や足ではなく
実は首から
動き出しているかと
思います(^^)



というのも
私たちが
起き上がる際には
大半が
起き上がる側へ
首を捻り
少し首をベッドから
離すように曲げて
頭を浮かせながら
起き上がっては
いないでしょうか?



しかし
起き上がりで
苦労している方は
必死に
起きようと腕の
力を使ってしまい
起き上がる側へ
首を捻らなかったり
柵を引っ張ることに
注意が向いてしまい
身体のことに気が
向きにくい方が
多いんです★



さらに
力を入れて
起き上がることで
身体がのけぞって
しまったり
肩が後ろに退けたり
しやすくなるんです!


ですので
もし起き上がる際に
苦戦している
のであれば
まず
起き上がる側へ
首を捻りながら
ゆっくりと
頭をベッドから
浮かせてから
身体を起こして
起き上がるように
してみてください!



どうしても
柵が必要な方は
まずいつものように
手を柵にかけて
すぐには引っ張らず
先で説明したのと
同じように
首から運動を始め
頭がベッドから
浮いてかり
ベッド柵を支持して
起き上がってみて
ください(^○^)



さらに工夫できる
ポイントとしては
ベッドコントローラーが
付属である方は
頭の角度を少し高く
設定した中で
上記のように
起き上がると
楽かもしれません!



これらにより
いつもよりは
無駄なエネルギーを
使うことなく
起き上がることが
出来るかと思います
(^-^)



運動の順序や
身体の使い方を
学ぶだけで
本当っっっ
楽に起き上がることが
できるんです!



また、実践された
ご感想、相談なども
お待ちしています
m(__)m



上手く出来なかった
事や分からない事が
あれば、お気軽に
ご相談くださいね☆






☆マンツーマンで
あなただけの動きのコツ
を見つけたい方は
WS000004.jpg
へご相談ください!

ホームページはコチラ



※厳選された動きのコツの情報
をメールで携帯へお届けします!
無料メルマガ登録は、今すぐ
登録フォームから!




※募集中のセラピスト対象の
セミナーはコチラ↓

○2月20日・28日開催
手足の動きの基礎となる
”楽に座るコツ”
リハビリセミナー


詳細と申し込みはコチラ




☆ブログランキングに参加しています☆
応援のクリックをお願いします(^-^)

にほんブログ村 病気ブログ 脳卒中・脳梗塞へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

| 脳梗塞・脳出血 後遺症の新たなリハビリ「動きのコツ」ホーム |

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://ugokinokotsu.blog.fc2.com/tb.php/335-e0c4a8fc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。