スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

脳と動きのコツ


神戸、大阪で噂になっている
脳梗塞・脳内出血の
リハビリ専門の
動きのコツ研究所で代表を
務める生野達也です!



今回は、自分の体に
関するイメージである
「ボディイメージ」
という視点から、
麻痺した足が
「頼りなく感じる」
理由をご紹介します!


☆マンツーマンで
あなただけの動きのコツ
を見つけるための
日本唯一の場所…
WS000004.jpg
ホームページはコチラ



☆ブログランキングに参加しています☆
応援のクリックをお願いします(^-^)

にほんブログ村 病気ブログ 脳卒中・脳梗塞へ
にほんブログ村




今回は【脳と動きのコツ】
となります!!



私たちは誰しも、
「自分の体は
こんなものだ」
と自然と理解しています。



これがボディイメージと
呼ばれるものです(^^)



ボディイメージは、
脳科学の分野では、
体を動かした感覚
(体性感覚)と
目で見た感覚
(視覚)とが
組み合わさって
作られると
いわれます(*^_^*)



このボディイメージは、
自分の体を動かすときに
自然と利用されています☆



ボディイメージが
動きに利用されることで
狭い通路を
通り抜ける時、
幅に応じて、自然と体を
捻って歩く事ができます。



しかし!
脳卒中の方の中には、
麻痺した足が
「頼りない」と
感じてしまう方も多く
いらっしゃいます(>_<)



このようになる理由は、
なんなのでしょうか?



脳卒中によって
足が麻痺すると
「上手く力が入らない」と
感じることがあります。



そうすると、
それに合わせて
「力を入れて動こう」
という方法を
選択してしまいます。



すると、
「力を入れないと
支えられない足」と
脳が覚えてしまいます。



それによって、
良い方の足とは違い、
「頼りない足」と
感じてしまうのです(>_<)



では、どのように
対処すれば
良いのでしょうか?



その答えは、
普段実践されている
動きのコツのリハビリに
あります☆



他のメルマガでも
ご紹介したように、
体の動きを意識する事で
力が抜けて動くことが
できることもあるかと
思います(^^)



皆さんが普段
実践されていることが
脳にとってはとても
大切なことなんですね☆



今回は、
ボディイメージという
視点から、麻痺した足の
「頼りなさ」の原因
をご紹介しました!



これからの
リハビリにも
役立てて
いただければと
思います(^_^)



それでは失礼いたします!
今年もよろしく
お願い致しますm(__)m


☆マンツーマンで
あなただけの動きのコツ
を見つけたい方は
WS000004.jpg
へご相談ください!

ホームページはコチラ



※厳選された動きのコツの情報
をメールで携帯へお届けします!
無料メルマガ登録は、今すぐ
登録フォームから!




※募集中のセラピスト対象の
セミナーはコチラ↓

〇3月8日開催
歩行の基礎となる
”楽に立ち上がるコツ”
リハビリセミナー


詳細と申し込みはコチラ



☆ブログランキングに参加しています☆
応援のクリックをお願いします(^-^)

にほんブログ村 病気ブログ 脳卒中・脳梗塞へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

| 脳梗塞・脳出血 後遺症の新たなリハビリ「動きのコツ」ホーム |

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://ugokinokotsu.blog.fc2.com/tb.php/361-2b3c25f7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。