スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

肩を挙げると曲げるの違い


神戸、大阪で噂になっている
脳梗塞・脳内出血の
リハビリ専門の
動きのコツ研究所で代表を
務める生野達也です!



早速ですが、
麻痺をお持ちの方は
リハビリの療法士から
手を上げる際に、
「手を上げて下さい」
と言われた事が
あるでしょうか。



当然ながら、
リハビリを受けられた
事のある方は、
少なからず言われた事が
あると思います!



しかし、
実際の肩の動きを
みてみると、手を
上げる際には、肩を
上げるというより、
肩を曲げる事により
手が上がります。



今回は、
肩の実際の動きを
解説しながら
手を上げるコツを
お伝えしたいと
思います(^^)/


☆マンツーマンで
あなただけの動きのコツ
を見つけるための
日本唯一の場所…
WS000004.jpg
ホームページはコチラ



☆ブログランキングに参加しています☆
応援のクリックをお願いします(^-^)

にほんブログ村 病気ブログ 脳卒中・脳梗塞へ
にほんブログ村




今回は、【肩を上げる】
のカテゴリになります。



リハビリの療法士が
患者様に手を上げて
ほしい時は、当然ながら
「手を上げて」と
指示すると思います。



僕自身も以前は
そうやって指示を
していました
(・・;)



しかし、
特に麻痺をお持ちの
方ですが、
「手を上げて」
と言われると、
頭の中で「上げる!」
という意識が
強くなり、手を
上げる前段階で
肩に力が入ってしまい
肩をすくむ
(肩と耳を近づける)
ように上げてしまう
事があります!



肩をすくませて
しまうと、麻痺した
側の肩に力が入りすぎ
肩が挙上してしまい、
手は上がりにくく
なってしまいます。



それでも頑張って
手を上げようとすると
代償動作
(身体が傾いて手を
上げようとする)
が出現してしまい、
本来の肩の使い方は
出来ずに手が重く
なってしまいます
(+o+)



では、
どうすれば正しい肩の
使い方で手を上げる事が
出来るでしょうか?



まず、
手を上げる際の肩の
実際の動きを知る事が
大切になります!



それでは確認して
いきましょう
(^o^)/



まず、
どこの関節が
動くのか確認します☆



麻痺していない手を
上げてみて下さい。



どこの関節が
動いていますか?



そう、
肩関節です!



肘や手首を曲げても
手は上がらないので、
手を上げる際には、
肩関節に意識を
向けて下さい。



次に、
その関節の
動き方を確認します☆



どのように
動いていますか?



上がっていますか。
開いていますか。
曲がっていますか。



そう、
前に曲がって
きています。
屈曲しているとも
言います!



最後に、
麻痺した側の手で
同じように意識して
手を上げてみて
下さい。



力は抜いて
肩の曲がる事に
意識を集中
させて下さい。



どうですか、
肩の力が抜け
楽に手が上がりました
でしょうか?



今回は、
実際の肩の動きを理解し
「肩を上げる」から
「肩を曲げる」への
意識の変化で楽に手が
上がるコツを
お伝えしました(^^)



上手くいった、
分かりにくかったなど、
何でも結構ですので、
お気軽にご相談ください。



このメルマガが皆さまの
生活の一助に
なれば幸いです。






☆マンツーマンで
あなただけの動きのコツ
を見つけたい方は
WS000004.jpg
へご相談ください!

ホームページはコチラ



※厳選された動きのコツの情報
をメールで携帯へお届けします!
無料メルマガ登録は、今すぐ
登録フォームから!




※募集中のセラピスト対象の
セミナーはコチラ↓

〇3月8日開催
歩行の基礎となる
”楽に立ち上がるコツ”
リハビリセミナー


詳細と申し込みはコチラ



☆ブログランキングに参加しています☆
応援のクリックをお願いします(^-^)

にほんブログ村 病気ブログ 脳卒中・脳梗塞へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

| 脳梗塞・脳出血 後遺症の新たなリハビリ「動きのコツ」ホーム |

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://ugokinokotsu.blog.fc2.com/tb.php/372-e51a37f9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。