スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

足元の見すぎにご用心!


神戸、大阪で噂になっている
脳梗塞・脳内出血の
リハビリ専門の
動きのコツ研究所で代表を
務める生野達也です!



突然ですが、
皆さんは
立っているときや
歩くときに
ついつい目で見て
自分の姿勢や
足元を確認して
しまうことって
ありませんか!?



「自分の体が
どうなっているのか
分からなくて不安」
という方も
多いと思います(>_<)



しか~し!



もしかしたら、
“足元を
見すぎて
しまうこと”が
動きにくさの
原因かも
知れませんよ?



今回の
キーワードは
ズバリ
「感覚の役割分担」
です(^^)/



足元を目で
確認しすぎて
しまうことの
問題点を
ご紹介しますね☆


☆マンツーマンで
あなただけの動きのコツ
を見つけるための
日本唯一の場所…
WS000004.jpg
ホームページはコチラ



☆ブログランキングに参加しています☆
応援のクリックをお願いします(^-^)

にほんブログ村 病気ブログ 脳卒中・脳梗塞へ
にほんブログ村




今回は
【脳と動きのコツ】
になります!



以前、メルマガで
動くためには
感覚が重要だと
いうことを
ご紹介しました!
→http://goo.gl/OsN3XO



私たちは
五感を使って、
周囲のことや
自分の体のことを
知るんでしたね(^^)



その中でも
<1>自分の体の情報
(体性感覚)と
<2>周囲の情報
(視覚)は
私たちの運動を
作るために
非常に重要な
役割を
果たしています(^^)



私たちが
生活する中には
様々な情報が
あります(^^)



例えば、
歩いているときなら、
<1>自分の体が
どう動いているのか?



<2>周囲の環境は
どんな状態なのか?
という情報が
ありますね☆



これって・・・



最初に確認した
(1)体性感覚と
(2)視覚のこと
なんです(*^_^*)



では、最初の
お話に戻りまして・・・



本来、体性感覚で
知るべきはずの
自分の体の情報を
視覚を使って
知る場合には
どんな問題点が
あるのでしょうか?



脳に障害を
持たれた方の
中には。
周囲の状況を
十分に確認しながら
歩くといったことが
苦手な方も
多いことと
思います(>_<)



これは実は、
本来は自分の体の
情報を知るべきはずの
体性感覚が上手く
感じ取れないせいで、
ついつい
“目に頼って”
しまっている
という状態なんです(/_;)



すると!



常に目線を
下に向けないと
“自分の体が
どうなっているのか
分からなくて怖い“
という気持ちが生まれ、
それによって
体が硬くなってしまう
可能性があるんです(T_T)



ですから、
少しでも
自分の体の情報を
目に頼らずに
感じることが
とても重要に
なります☆



練習の方法については、
以前のメルマガで
紹介させて頂いた
「イメージ」を使うこと☆



良い方と比べながら、
良い方で感じた感覚に
似た感覚を
探してあげること☆



が挙げられます!



慣れるまでは
凄く疲れることも
多いかもしれません(ToT)



でも、
これらのことを
気にしながら
“自分の体が分かる!”
ことを目指して
リハビリをしてみて
頂ければと
思います(*^_^*)



今日は
感覚の役割分担の
大切さを
ご紹介しました!



実践してみて
感想や疑問点が
ありましたら
是非教えてください!



それでは
失礼致します(^_^)/~






☆マンツーマンで
あなただけの動きのコツ
を見つけたい方は
WS000004.jpg
へご相談ください!

ホームページはコチラ



※厳選された動きのコツの情報
をメールで携帯へお届けします!
無料メルマガ登録は、今すぐ
登録フォームから!




※募集中のセラピスト対象の
セミナーはコチラ↓

〇3月8日開催
歩行の基礎となる
”楽に立ち上がるコツ”
リハビリセミナー


詳細と申し込みはコチラ



☆ブログランキングに参加しています☆
応援のクリックをお願いします(^-^)

にほんブログ村 病気ブログ 脳卒中・脳梗塞へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

| 脳梗塞・脳出血 後遺症の新たなリハビリ「動きのコツ」ホーム |

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://ugokinokotsu.blog.fc2.com/tb.php/396-46eda9d7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。