スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

肩の痛みを軽減させるコツ


神戸、大阪で噂になっている
脳梗塞・脳内出血の
リハビリ専門の
動きのコツ研究所で代表を
務める生野達也です!



みなさん
肩の痛みを感じことは
ないでしょうか?



そんなとき
湿布を貼って
対処するのも
方法ですが
少し身体に耳を傾け
動かしてあげると
痛みがとれることが
あります(^。^)



今回は
【肩をあげるコツ】
になります!


☆マンツーマンで
あなただけの動きのコツ
を見つけるための
日本唯一の場所…
WS000004.jpg
ホームページはコチラ



☆ブログランキングに参加しています☆
応援のクリックをお願いします(^-^)

にほんブログ村 病気ブログ 脳卒中・脳梗塞へ
にほんブログ村




肩に痛みを覚えると
テーブルや床に
手をつくのを
避けたりしては
いませんか?



肩が痛む方の
ほとんどが
痛む肩に荷重を
かけることを恐れて
おられる方が
多いようです!



今回はそんな方へ向け
あえて荷重をかけて
肩の痛みを軽減させる
コツを紹介しますね!



まず
肩に痛みがある方の
手のひらを床やテーブル
またはベッドや椅子に
置いて下さい(^ ^)



痛みが出てしまうから
恐々になってしまうかも
しれませんが
ゆっくりと手のひらを
触れていきます



はじめは肘が
曲がっていても
構いません



その状態で
確認してもらいたい
ことがあります!!



恐々と手のひらに
ご自身の体重を
預けておられるかと
思いますが
手のひらでも
どの辺りに
身体の重みが
かかっていますか?


手のひらでも
小指側でしょうか?
それとも
親指側でしょうか?
はたまた手のひら
全体という方も
おられるかも
しれませんね!



痛みが出ない範囲で
構いませんよ!



では、反対側の腕でも
同じように
手のひらを
床やテーブルに置いて
少しずつご自身の
身体の重みを手のひらに
乗せてみて下さい



どうですか?



良い方の手でやると
どこあたりに
重みを感じる
でしょうか?



肘が曲がった状態で
支えておられる方は
小指側に重みがあり
肘を伸ばして
手をついておられる方は
親指側に重みがかかって
いるのではないでしょうか?



では、もう一度
痛みがある側の
手のひらを先ほどと
同じようにして
身体の重みを少しずつ
かけて下さい(^.^)



ここでポイント!



ただ重みをかける
のではなく
手のひらに伝わる
身体の重みを感じながら
小指側から親指側へ
重みを移動させて
みてください!



肘を伸ばして
支えると親指側で
支えることに
なりますし
肘を曲げて
支えると小指側で
支えることになります



それを感じながら
少しずつ実践してみて
下さい



あれっ?



いつの間にか
肩の痛みが消えて
痛みがない中で
身体の重みを支えられて
いないでしょうか?



そうなんです!
本当は支えることが
出来る肩も
一度痛みが出てしまうと
怖くなって
荷重することを
避けて姿勢にも異常が
生じやすくなります



今回のように
肩に痛みがある方でも
肩を直接治療するのではなく
手のひらから肩への重みを
伝える練習によって
痛みが出ず
支えることが出来る
ようになってきます



ですので、
皆さんも怖がらず
身体で感じる感覚に
耳を傾けながら
実践してみてください
(^_^)


最後まで
お読み頂き
ありがとう
ございますm(__)m





☆マンツーマンで
あなただけの動きのコツ
を見つけたい方は
WS000004.jpg
へご相談ください!

ホームページはコチラ



※厳選された動きのコツの情報
をメールで携帯へお届けします!
無料メルマガ登録は、今すぐ
登録フォームから!



――――――――――



「より多くの方に
”動きのコツ”を知って
もたいたい!!!」

”動きのコツ”のリハビリ
動画を無料で大公開中


(1)解説:動きのコツとは?
コチラ

(2)実際のリハビリ場面の動画
コチラ

(3)体験インタビュー
コチラ



※動きのコツ研究所の
パンフレット無料送付
を希望の方は
〇名前
〇住所
〇電話番号
を記入の上、以下の
アドレスまでメールして
くださいね↓↓
info@ugoki-no-kotsu.com



――――――――――



☆ブログランキングに参加しています☆
応援のクリックをお願いします(^-^)

にほんブログ村 病気ブログ 脳卒中・脳梗塞へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

| 脳梗塞・脳出血 後遺症の新たなリハビリ「動きのコツ」ホーム |

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://ugokinokotsu.blog.fc2.com/tb.php/420-353fb766
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。