スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

慢性痛の痛みを軽減させるコツ


神戸、大阪で噂になっている
脳梗塞・脳内出血の
リハビリ専門の
動きのコツ研究所で代表を
務める生野達也です!



慢性痛では、
安静にすることで
弊害起こる場合がある
ことがあります
(^^)



今回は、
慢性痛の痛みを軽減
させるコツを紹介
します!

~~~~~~~~~~~

ついに完成!

”自宅でできる!!
動きのコツリハビリ動画”

ページはコチラ

~~~~~~~~~~~



☆ブログランキングに参加しています☆
応援のクリックをお願いします(^-^)

にほんブログ村 病気ブログ 脳卒中・脳梗塞へ
にほんブログ村




今回は【脳と動きのコツ】
になります!



慢性痛に対して、
薬物療法や外科的療法
の効果が低いと
20年ほど前から
いわれています(>_<)



その為、
現在では「運動療法」
「痛みの認識を変える事」など
痛みをお持ちの方の自発性を
要するリハビリテーションが
有効とされています!(^^)!



運動療法では、
セラピストに管理
してもらう方が好ましい
ですが、
疼痛軽減にはストレッチ!
機能改善には筋力増強
エクササイズ!
が最も効果的
との知見もあります☆



痛みの認識を変える事では、
「慢性痛の治療は痛み
そのものに執着すると
奏功しづらい」と
いわれています



つまり、
「完全に痛みが消えて
なくても、自分自身で
痛みを管理しながら、
日常生活を可能にし、
生活の質を向上させること」
が大切になってきます(^^)



慢性痛リハビリのポイント
(1)エクササイズの実践
(2)活動量の自己管理



エクササイズの実践では、
ウォーキングやストレッチ、
ヨガなど軽い運動で、維持
しやすいものが良いです☆



重要なことは、
運動強度が低すぎても
高すぎても痛みのリスクは
高まるので注意が必要です!



活動量の自己管理では、
歩数計などを用いて、
一日の活動量と痛みの
関係を自己分析し、
管理する事です!



活動量の増加が必ずしも
痛みを増加させるもの
ではないという事を
理解していきます(^^)



今回は、
慢性痛を軽減させ
活動性を向上していき、
生活の質を向上していく
という視点から
動きのコツを紹介させて
いただきました☆



(注)
痛みは炎症や損傷を
伴っている事も
あるので、無理はしない
ようにしてください。






☆マンツーマンで
あなただけの動きのコツ
を見つけたい方は
WS000004.jpg
へご相談ください!

ホームページはコチラ



※厳選された動きのコツの情報
をメールで携帯へお届けします!
無料メルマガ登録は、今すぐ
登録フォームから!



――――――――――

☆出張リハビリセッション
     IN 東京  ☆

”満員御礼”


7月に続き8月9月も
定員に達しました!

8月9月はキャンセル待ちでも
よろしければ受付中☆

キャンセル待ちの方が
増えるようでしたら8月9月に
追加日程を作る可能性も
あります!!!

問合せはコチラ



”動きのコツ”の動画を
無料で大公開中


(1)解説:動きのコツとは?
コチラ

(2)実際のリハビリ場面の動画
コチラ

(3)体験インタビュー
コチラ



※動きのコツ研究所の
パンフレット無料送付
を希望の方は
〇名前
〇住所
〇電話番号
を記入の上、以下の
アドレスまでメールして
くださいね↓↓
info@ugoki-no-kotsu.com



――――――――――



☆ブログランキングに参加しています☆
応援のクリックをお願いします(^-^)

にほんブログ村 病気ブログ 脳卒中・脳梗塞へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

| 脳梗塞・脳出血 後遺症の新たなリハビリ「動きのコツ」ホーム |

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://ugokinokotsu.blog.fc2.com/tb.php/444-348abe4f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。