スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

立っている時の膝ロックを改善するコツ


今回は、
立っている時の
膝が曲げられず
一本の棒みたいに
膝がロックするのを
改善するコツを
紹介します(^O^)



ポイントは、
「時計の針」
ですよ(=^・^=)☆





立っている時に
麻痺している側の
膝がロックして
立っていないですか?



ロックしたくなくても
膝を曲げると
膝がカックンと
折れ曲がりそうだから
怖くてロックしている
方もいるかも
しれません(+o+)


麻痺してしまうと、
筋肉の働きが
低下してしまい
ロックしていると
思われていませんか?



そのため、
膝がガックンと
折れ曲がるのが
怖いからと
麻痺した側の足に
体重を預けなかったり
麻痺した側のお尻が
引けてしまうなどの
姿勢になって
いませんか??



当然、筋肉も弱って
しまうのですが、
脳の障害ですので
脳が膝を上手く
調節する働きを
忘れてしまい
膝の不安定さが
現れてしまいます
(@_@;)



膝の働きとしては
曲げると伸ばすの
2つの働きがあります。



その2つの働きを
取り戻すためには
時計の針のように
「感じ方の
追いかけっこ」
が大切になります★



ん??どういうこと?
と思いますよね~



今から説明して
いきますね!(^^)!



今日着目するところは
足裏と膝の曲がり具合
です!!!



まず、
今みなさんの
足裏は床面に
着いていますか?



また足首が
硬くなってしまい
カカトが浮いたり
していませんか?



カカトが
浮いている中では
難しくなります。



そんな方は
もう一度、
立ち上がる時に
カカトが浮かないよう
ゆっくりと
足の裏の重みを
確認してみましょう!



立ち上がると同時に
お尻が浮いても
カカトは浮ていないか
確認してください
!(^^)!



それでも、
まだ立っている時に
麻痺した側の
足裏に体重を
預けるのが
怖い方いませんか??



そんな方は
もしかすると
体が捻じた状態で
立っているかも
しれません(@_@;)



立っている状態で
麻痺した側のお尻が
後ろ側に引けて
しまっていませんか?



お尻が引けてしまう
ことで、足裏に体重が
預けにくくなって
しまいます(+o+)



ですので、
この2点は確認して
行ってくださいね
(^-^)



1.麻痺した側の
カカトが
浮いていなか?

2.麻痺した側のお尻が
捻じれていないか?
の2点を確認して
くださいね☆彡



できました?



準備は整いました!!



それでは、テーマの
「時計の針」を
含めて説明しますよ♪



時計の針は
常に追いかけっこ
していますよね?



それを踏まえて
考えてくださいネ(^^)



先程、確認した
体の準備は
どんなことでしたか?



カカトが
浮いていないか?
また、体が捻じれずに
麻痺した側に体重が
預けられているのか?
でしたよね(?_?)



では、
麻痺した側の
膝のロックを解消
するためには、
まず・・・・



足裏の体重を感じ
その重みを
つま先の方へ
預けていきます。
つまり、足裏で
感じていた体重を
つま先へ移動させます




しかし、今回のコツは
「時計の針」でした★



追いかけるものが
気になりますよね??



足裏で感じる重みを
追いかけるのは
膝の曲がりです!(^^)!



しかし、膝を一気に
曲げてしまうと
ガックンと折れ曲がる
経験をされた方も
多いかもしれません。



そんな方は、
時計の針のように
足裏の重みが
つま先へ移動する
ことに追いかけ
膝の緩みを感じて
みてください!!



膝の緩みを作るために
力を入れる必要は
ありません!!!



体育の休めの状態と
同じです(^O^)



膝を休めてあげて
下さいね~♪♪



今まで、膝のロックを
緩めることばかり
気にされていた方も
2つのことを
気にすると
楽に膝のロックを
改善することに
繋がります!!!




膝の自由が増えると
歩くときにも
振り出しがしやすく
なりますよぉ(^O^)




良かったら、
実践された感想を
お聞かせくださいね!



――――――――――


携帯へお届けします

リハビリしながらいつでも
確認できて便利な携帯メール
へのお届けを希望の方は 、
ugokinokotsu@mhai.jp
に空メールを送信して、
メルマガ登録をして
ください(^^)

メルマガについての
詳細はコチラ


――――――――――


無料メール相談
    受付中


「動きのコツ」に
気をつけても変化が
ない場合は、
「気をつけ方が
   間違えている」
可能性が高く
なります。

お一人では
正しい感じ方に
気づきにくいことが
多くあります。

しかし、
メールのやり取り
からもお体に関する
新たな発見や変化を
実感していただける
ことが多くあります。

お体に関するお悩みや
ご相談がありましたら
ブログ左上の
「無料相談受付中」
よりメールにて
お気軽にご相談
ください。


――――――――――


()
普段と異なる
動き方をすると
不慣れなために
バランスを崩して
しまうことが
あります。

手すりを支えるなど、
安定した姿勢で
行ってください。



なお、
ブログの内容を実践して
いただいた結果、
お体の不具合などが
生じた場合には一切の
責任を負いかねます
ので、ご了承ください。
スポンサーサイト

| 脳梗塞・脳出血 後遺症の新たなリハビリ「動きのコツ」ホーム |

コメント

リハビリのコツは脳に動きをきちんと覚えさせることが大切なんですね。なるほどと思いました。

時計の針のように「感じ方の追いかけっこ」とは微妙な動きのポイントが表現できていて心から納得してしまいました。正常な人でも歩くときは、足裏で感じていた体重をつま先へ移動させるように意識してやることは、機能アップのために大切なような気がします。

Re: タイトルなし

コメントありがとうございます。また返信が遅れまして申し訳ありませんでした。
今回は西川が返信させていただきます。ご了承ください。


>リハビリのコツは脳に動きをきちんと覚えさせることが大切なんですね。なるほどと思いました。
→私たちの動きは脳からの指令によって動いています。そのため、動き方を学習するためには脳を使い、脳で楽に動くためのコツをつかむことが大切になってきます。


>時計の針のように「感じ方の追いかけっこ」とは微妙な動きのポイントが表現できていて心から納得してしまいました。
→心から納得していただきまして、ありがとうございます。目を閉じてご自身の体の感覚に注意してみると、たくさんの感覚を感じることができます。その中で、今回は足の裏の感じ方と膝の動きをピックアップしてみました。


>正常な人でも歩くときは、足裏で感じていた体重をつま先へ移動させるように意識してやることは、機能アップのために大切なような気がします。
→非常に大切ですね。我々は自然におこなえていますが、これも小さな頃からの積み重ねの結果と考えられます。そのため、身体が不自由になったら再び正しく感じるために学習をしていくことが大切になってきます。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

膝カックンについて

メールがうまく送信できなったのでコメント欄にお返事します。

膝カックンについては、現状のリハビリをしている中で、
変化がないようであれば、他の方法を試すほうが良いかと思います。

膝カックンは、太もも周りの筋肉がうまく働いていないことに
目が向きがちですが、その原因は脳からの指令がうまく
いっていないことが原因です。

脳から太ももへの指令は、足の裏の感覚をもとにだされるので
足の裏の感覚を感じながらのメニューをすることで改善へ
向かう可能性があります。

膝カックンでお悩みの方が多数来所されますが
コツを見つけることを通じて改善される方が多くいらっしゃいます。

まずは以下の動画のメニューをお試しください。
http://www.ugoki-no-kotsu.com/rehabilitation_movie/cate_03_00002.html



また、メールでのリハビリワンポイントのご紹介や
動画での「リハビリに役立つ脳科学講座」を受講できます
無料のメールマガジンへのご登録も合わせてご検討ください。
http://www.ugoki-no-kotsu.com/other/multi17.html



お体が回復へ向かうことを願っております。
動画の内容を実践されるなかでうまくいかないことがございましたら
いつでもご相談ください。

今後ともよろしくお願い申し上げます。
それでは失礼いたします。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://ugokinokotsu.blog.fc2.com/tb.php/48-748d988b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。