スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日の学び:壁の越え方


動きのコツのリハビリでは、
運動と感覚の関係をみながら
「楽に動くための意識の仕方」
をみつけていきます☆



その中で、筋緊張の問題が
変化しない時には
正しく意識できていない
と判断して、他の意識の向け方
へ変えていきます(*^^*)



その中で、筋緊張の変化が生まれた
瞬間の意識の向け方が
その方にとっての「動きのコツ」
になります(*^_^*)



しかし、臨床では、いろいろ
意識向け方を変えたとしても
なかなかうまくいかないことが
たくさんあります(>人<;)




そんな時は、セラピストの手と
リハビリを受ける方の声

耳を澄ませましょう。





○筋緊張の問題と違和感が
でてくる瞬間を見極める

→その前後に正しく感じられない
問題が隠されている



○筋緊張の問題をセラピスト自ら
再現してみて、「何が感じられ
なかったらそんな動きになるか」
をひたすら考える

→ その感じられない感覚を意識して
もらうと変化する可能性あり



この二つを冷静に確認することが
壁を越えるヒントになります☆




そして、なりより大切なのは、
「正しい意識の向け方になったら
必ず動きは変わる」と信じ、
試行錯誤を繰り返すこと。



その試行錯誤の先に回復への
可能性があります☆




今日はそんなことを再確認!



12月6日に東京で開催する
「楽に腕をつかうコツ
リハビリセミナー」
では、
実技を中心に今回のポイントを
学んでいただきます☆

→ 詳しくはコチラ




試行錯誤の先に変化がうまれ、
リハビリを受ける方と回復の
喜びを共有できる瞬間は
最高に嬉しいですね(*^^*)



やっぱり臨床は楽しいっ!!!



そんな楽しさも伝えますね☆
スポンサーサイト

| 脳梗塞・脳出血 後遺症の新たなリハビリ「動きのコツ」ホーム |

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://ugokinokotsu.blog.fc2.com/tb.php/501-23fe95f1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。