スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

身体の声に耳を傾けるコツ


神戸、大阪で噂になっている
脳梗塞・脳内出血の
リハビリ専門の
動きのコツ研究所で代表を
務める生野達也です!



脳卒中後に
「立っている時
にふらふら
し易くなった。」
事や
「転びそうになる
事が増えた。」
とお悩みに
なられている
事はないで
しょうか?



もしその様な
悩みを持たれて
いたら、それは
「身体の声」
に上手く耳を
傾けられて
いない事が
原因かも
しれません!



そこで今回は
立っている時
や歩いている
時に身体の声
に耳を傾ける
重要性について
お伝えしますね!



今回は
【脳と動きのコツ】
になります!



今回のメルマガ
で立つ時の仕組み
が伝わればと
思います!



私たちの立って
いる時の
姿勢は大きく
3つの感覚情報で
成り立っています。



視覚
体性感覚
前庭感覚



の3つです。
一つずつ説明
しますね。



視覚
これは目の
情報です。
環境と身体の距離
関係に役立って
います。



体性感覚
これは、立っている
時の足の裏が地面
に着いている感じ
や立っている姿勢
が真っ直ぐか
どうかの感じや
身体それぞれの
手や足の位置関係
等の感覚に役立って
います。



前庭感覚
これは車酔い等
で耳にされた事も
あるかも
しれませんね。
重力や頭の位置
変化の情報で、
身体の位置や
全体的な動き
の情報に役立って
います。



私たちの
身体はそれら
3つの感覚を
上手く調整しながら
生活しています。



例えば
夜、暗い部屋で
トイレに
立ちあがった時は
視覚情報が使えない
ので、体性感覚や
前庭感覚を頼りに
します。
また、ふわふわ
したソファーや
ベッドの上に立って
電球を変えよう
とすると、
足の裏の情報が
上手く使えない
ので、視覚や
前庭感覚を
頼りにしたり
します。



このように、
私たちは
状況が変われば
3つの感覚情報の
割合を調整して
上手く生活
しています。



しかし脳卒中や
高齢者では3つの
機能が上手く
機能しない事が
あります。
特に目の
情報(視覚)に
頼って生活
しやすいという
特徴があります。



「え?目に頼って
はだめなの?」と
疑問に思われる
と思います。



目に頼って
いけないのでは
なくて、
視覚と体性感覚と
前庭感覚の
3つの関係を
上手く状況に
合わせて調整
できない事が
転びやすい
状況を生み出し
ている可能性
があります!



具体的に
説明しますね
(^o^)



普段、目に頼って
バランスをとる
癖がついて
しまうと、
体性感覚や
前庭感覚の
使い方を脳が
忘れてしまう
事があります
(>_<)



それでは、
目に頼らず、
体性感覚や
前庭感覚の
「身体の声」に
耳を傾けるコツを
お伝えします!



ふらついても
安全な場所で
試してみて
下さい(^o^)



立っている
姿勢で、
目に頼らない
様にする為に
まずは、
目を閉じて
みましょう!



目を閉じたら、
足の裏の
どこで体重を
感じるか
足の裏に
集中してみて
下さい。



足の踵で
ぐっと力を
感じる方や
つま先の方
で感じる方や
個人差があると
思います。



皆さんの
一番体重を
感じる場所が
見つかったら
次は、足の裏で
体重がかかって
いない箇所は
ないでしょうか?



右足と左足も
比べてみて下さい!



麻痺側の方が
浮いている
感じや、
足の裏の
体重のかかり
方が薄かったり、
足の裏の皮が
厚く感じて
上手く床に
馴染んで
いない事は
ないでしょうか?



足の裏も
集中して
みると、案外
違いがあったり
しますよね。
そこで、
最初に感じた
一番感じる
箇所の感覚の
登場です!



一番感じる箇所
はきっと床と
足がしっかり
馴染んでいる
と思います。
その馴染んでいる
感触を麻痺側等
感じにくい
場所にも
馴染ませる様に
体重を乗せてみて
下さい(^o^)



ここで気を付ける
事は力を入れて
床を踏みつけて
体重をかける
のではなく、
ゆっくり
重心を移動させて
足の裏と床とが
馴染む様に
体重をかけて
みて下さい!



感じにくかった
箇所が、
「足の裏がしっかり
感じた!」
「厚い皮で覆われて
いたのに、皮が
薄くなった!」
と感じた方は
成功です(^o^)



以上の様に、
普段から
目に頼りすぎずに
「身体の声」で
ある体性感覚
に耳を傾ける
コツを掴んで
自然と
3つの感覚が
上手く機能する
様にして
みて下さい!



今回は身体の声
に耳を傾ける
重要性をバランスを
通じてお伝え
しました!



コツを通じて
転びにくい
身体になって
のびのび
安心した
生活が送れる
事を祈って
います。



☆自分でコツのリハビリを
しても、うまくいかない方は
”動きのコツ研究所”へ
ご相談ください!

自分では気がつかなかった
”あなただけの”コツを
見つけます☆

ホームページはコチラ↓
http://goo.gl/tfWVyJ





☆マンツーマンで
あなただけの動きのコツ
を見つけたい方は
WS000004.jpg
へご相談ください!

ホームページはコチラ



※厳選された動きのコツの情報
をメールで携帯へお届けします!
無料メルマガ登録は、今すぐ
登録フォームから!



――――――――――

☆出張リハビリセッション
     IN 東京  ☆



7月から毎月開催中!

3月まで日程決定!!!


詳細・問合せはコチラ



”動きのコツ”の動画を
無料で大公開中


(1)解説:動きのコツとは?
コチラ

(2)実際のリハビリ場面の動画
コチラ

(3)体験インタビュー
コチラ



※動きのコツ研究所の
パンフレット無料送付
を希望の方は
〇名前
〇住所
〇電話番号
を記入の上、以下の
アドレスまでメールして
くださいね↓↓
info@ugoki-no-kotsu.com



――――――――――



☆ブログランキングに参加しています☆
応援のクリックをお願いします(^-^)

にほんブログ村 病気ブログ 脳卒中・脳梗塞へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

| 脳梗塞・脳出血 後遺症の新たなリハビリ「動きのコツ」ホーム |

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://ugokinokotsu.blog.fc2.com/tb.php/535-72954bc1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。