スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「意識する」と動きが良くなるヒミツ


神戸、大阪で噂になっている
脳梗塞・脳内出血の
リハビリ専門の
動きのコツ研究所で代表を
務める生野達也です!



みなさん
動きのコツの
メルマガを読んでいただき、
日々実践されていることと
思います。



その中で、
「○○の感覚を
意識しましょう!」
とか
「○○のような感覚は
ありませんか?」と
特定の感覚(情報)を
確認して頂いていることと
思います!



今回は、
この「意識する」ことと
動きとの関係を
脳の機能から
ご紹介致します(^^)

~~~~~~~~~~~

”自宅でできる!!
動きのコツリハビリ動画”

ページはコチラ

”2016年 東京・兵庫で開催
動きのコツリハビリセミナー”

ページはコチラ

~~~~~~~~~~~



☆ブログランキングに参加しています☆
応援のクリックをお願いします(^-^)

にほんブログ村 病気ブログ 脳卒中・脳梗塞へ
にほんブログ村




今回は
【脳と動きのコツ】
になります。



動きのコツの
リハビリの
特徴の一つに、
「感覚を意識する」ことが
あると思います!



普段、
私たちは感覚を
気にせずに
動いているのですが、
どうして感覚を
意識することで
動きに変化が
現れるのでしょうか?(^^)



その理由の
一つとして、
脳の情報処理の段階が
関わっています。



私たちの脳には、
地図の番地の
ようなものがあります!



東京都というまとまりの中に、
文京区や足立区などが
あるようなイメージです☆



脳の中で
感覚の情報処理を行う
領域は頭頂葉という
のですがこの領域は、
ブロードマンという学者
が付けた番地で、
3野、1野、2野、
5野、7野などの番地が
振り分けられています!



この中で、
3野という領域は、
触れているか触れていないか?
動いたか動いていないか?
といった、
ごくごく簡単な
情報処理を
担っていることが
分かっています!



この3野で
情報処理をされた後に、
1野や2野へと
情報処理が進むのですが、
ここで「注意を向ける」
という段階が
必要になります。



注意を向けることは、
感覚の情報処理を
進めることになる
ということですね☆



注意が感覚の情報処理を
進めることは分かったけど、
それが運動とどんな風に
関係するの?
と疑問に思われる方も
いらっしゃいますよね?(^^)



実は脳は
離れた領域同士でも
連絡を取り合っている
ことが分かって
いるんです(^^)



例えば!



感覚情報処理に
特化した頭頂葉の
中でも、
1野以降の領域は
運動に関わる領域との
ネットワークを
持っています!



つまり、
注意を向けて
感覚情報処理を
進めることで、
運動に関わる領域を
活動させていく事に
繋がるわけです(^^)



イメージとしては、
姉妹都市などの
ようなもの
でしょうか!?



遠く離れた
領域同士でも
連絡を取り合い、
お互いが働き合いながら
運動を行なって
いるのです☆



ここまでを
まとめます!(^^)/



(1)意識を向けること
(注意すること)は
感覚の情報処理を
より高い段階へ進める



(2)感覚情報処理が
より高い段階に
至ることで、
運動に関わる
領域の活動を
高める
ということに
なります!



次に運動との
関係についても
少しご紹介します☆



感覚の情報が
運動に関わる
脳の領域に
伝えられることで
運動が
作り出されます (^^)



何かを手で
つかむ動作を
考えてみると、
ツルツルした
氷をつかむときと
ザラザラした
角材をつかむときでは、
つかむ力の強さが
変わりますよね?(^^)



このように、
感覚を感じ取ることが
運動を作り出す際には
必須と言えます!



感覚が正しく
伝わらない場合には
どうなって
しまうのでしょうか!?



脳卒中による
感覚障害で
感覚が鈍い方は、
力や運動の
コントロールが
難しい方が
多いのでは
ないでしょうか!?



メルマガを
ご覧いただいている
ご家族の方や
セラピストの方は、
長時間の正座によって
足が痺れて感覚が
感じにくくなったときを
イメージして頂くと、
筋力低下はないはずなのに
力が入りにくいことを
経験したことが
あると思います☆



身近な例を
とって考えてみると、
脳の中で
“感覚が運動を作り出す”
ということが
イメージしやすいのでは
ないでしょうか(^^)



正しい運動を
作るためにも
感覚を正しく
感じることが
大切であり、
感覚の情報処理を
進めるためには
意識を向けるという
プロセスが
不可欠になります(^^)



ですから、
感覚を意識することが
動きやすさに
繋がるのですね☆



今回は、
脳と動きのコツとして、
感覚を
意識することの大切さ、
運動との関係性を
ご紹介いたしました!



専門的な内容もあり、
少々分かりにくかったかも
知れませんが、
感覚を意識することの
大切さについて
少しでも
ご理解いただければ
幸いです(^^)



ご不明な点などが
ありましたら、
お気軽に
ご質問ください!



それでは、
今後とも
よろしくお願い
いたします!



☆自分でコツのリハビリを
しても、うまくいかない方は
”動きのコツ研究所”へ
ご相談ください!

自分では気がつかなかった
”あなただけの”コツを
見つけます☆

ホームページはコチラ↓
http://goo.gl/tfWVyJ





☆マンツーマンで
あなただけの動きのコツ
を見つけたい方は
WS000004.jpg
へご相談ください!

ホームページはコチラ



※厳選された動きのコツの情報と
リハビリに役立つ脳科学 動画講座
を無料でお届けします!
無料メルマガ登録は、今すぐ
登録フォームから!



――――――――――

☆出張リハビリセッション
     IN 東京  ☆



7月から毎月開催中!


詳細・問合せはコチラ



”動きのコツ”の動画を
無料で大公開中


(1)解説:動きのコツとは?
コチラ

(2)実際のリハビリ場面の動画
コチラ

(3)体験インタビュー
コチラ



※動きのコツ研究所の
パンフレット無料送付
を希望の方は
〇名前
〇住所
〇電話番号
を記入の上、以下の
アドレスまでメールして
くださいね↓↓
info@ugoki-no-kotsu.com



――――――――――



☆ブログランキングに参加しています☆
応援のクリックをお願いします(^-^)

にほんブログ村 病気ブログ 脳卒中・脳梗塞へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

| 脳梗塞・脳出血 後遺症の新たなリハビリ「動きのコツ」ホーム |

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://ugokinokotsu.blog.fc2.com/tb.php/674-2a24633c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。