スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

楽に食材を切るコツ


神戸、大阪で噂になっている
脳梗塞・脳内出血の
リハビリ専門の
動きのコツ研究所で代表を
務める生野達也です!



今回は、
「楽に包丁で
食材を切るコツ」
を紹介させて
頂きますね☆



ほとんどの方は、
毎日食事を
摂られている
と思われます。



また、その食事を
作られている方も
いらっしゃるかと
思われます。



生活の中で
食事は楽しみ
の一つで、
食べる側も
作る側も
幸せになれる
一瞬です☆



そんな食事を
調理する際に、
包丁で食材を
切ることが
ありますよね。



ですが、
麻痺をお持ちに
なられると、
食材をうまく
押さえにくい
といったことを
お聞きします。



包丁で切る場合
「猫の手」にして
食材を押さえられる
と思われます。



しかし!!



食材が滑らない
ように押さえようと
すると、



ギューッと
握ってしまい
「猫の手」を
開くことが
できなくなる(>_<)



皮を剥く際に、
食材を握るが
ぐちゃっと握り
潰してしまう(>_<)



肘にグッと力が
入ってしまい、
食材から手が放れて
しまう(>_<)



といった経験は
ありませんか?



このような場合に、
指や腕を無理に
動かしたり
ストレッチ
された経験は
ありませんか?



ストレッチ直後は
食材を押さえ易く
なりますが、
包丁で
切っている内に
また指や腕が
曲がってしまう
といったことは
ありませんか?



本日は、
手で食材を感じる
ことに意識を向け
「楽に包丁で
食材を切るコツ」
をお伝えしますね☆

~~~~~~~~~~~

”自宅でできる!!
動きのコツリハビリ動画”

ページはコチラ

”2016年 東京・兵庫で開催
動きのコツリハビリセミナー”

ページはコチラ

~~~~~~~~~~~



☆ブログランキングに参加しています☆
応援のクリックをお願いします(^-^)

にほんブログ村 病気ブログ 脳卒中・脳梗塞へ
にほんブログ村




今回は、
【手のコツ】の
カテゴリーに
なります(^^)/



それでは、
早速始めて
いきますね☆



食材を切る際に、
どのようなことを
意識されて
いますか?



切る包丁ばかりに
意識が向いて
いませんか?



時間を気にして
急いで料理を
されていませんか?



また、食材を
押さえている
腕はどのように
なっていますか?



脇は開いて
いませんか?



肘は曲がって
いませんか?



爪が手のひらに
めりこんで
いませんか?



そうすると、、、



色々な食材も
すべて同じように
硬く感じて
いませんか?



そうならない為には
まず、切る食材を
しっかり確認して
下さい。



その食材の
硬さや大きさ、
凹凸や長さなどを
しっかり目で確認
して下さい。



次に、麻痺を
お持ちではない
手で、その食材に
触れてみて下さい。
「ザラザラ」
「ツルツル」
「でこぼこ」
などをしっかり
確認して下さい。



最後に、
麻痺をお持ちの手で
その食材を触って
頂くのですが、



少しお待ち下さい!!



麻痺をお持ちに
なられる以前に、
その食材を
触れたことが
ある場合、



どのような
触り心地で、
いつ、どこで、
誰のために、
どんな気持ちで
料理をされて
いたのかを
思い返して
みて下さい!



愛する家族の為、
自分への活力の為、
友達をおもてなし
する為、など
そのときの気持ちや
料理を作る理由を
思い出して
みて下さい☆



できるだけ詳細に
そのときの風景や
想いを振り返って
みて下さい!



その食材の感覚と
料理をされて
いた時の想いを
重ねることが
できれば、
いよいよ麻痺を
お持ちの手で
触れてみますよ!



そうすると~、
どうでしょうか?



先程までは
食材すべてを
同じように
硬く感じて
いたのが
ひとつひとつの
食材に触れた
感じを想像する
だけで、
手触りの違いを
感じ取ることが
できていませんか?



腕全体の力も
抜けていませんか?



脇の開きや
肘の曲がりは
どうですか?
腕が自然に
食材まで
伸びていませんか?



ギューッと力が
入ってしまって
いた「猫の手」は
どうですか?
軽く握って
食材を押さえられて
いませんか?



包丁で切って
いても、力が
どんどん入って
こなくないですか?



このように
手で食材を
うまく感じ取る
ことで、
楽に包丁を
使用できる
ようになるかも
しれません☆



今回は、
「楽に包丁で
食材を切るコツ」
についてお伝え
しました。



今回のポイントは、
〓食材の感覚を
目と手でしっかりと
確認する☆
〓過去に料理を
されていた時の
想いを振り返る☆
の2点が重要です。



また、実践された
ご感想、相談なども
お待ちしています。m(__)m



☆自分でコツのリハビリを
しても、うまくいかない方は
”動きのコツ研究所”へ
ご相談ください!

自分では気がつかなかった
”あなただけの”コツを
見つけます☆

ホームページはコチラ↓
http://goo.gl/tfWVyJ





☆マンツーマンで
あなただけの動きのコツ
を見つけたい方は
WS000004.jpg
へご相談ください!

ホームページはコチラ



※厳選された動きのコツの情報と
リハビリに役立つ脳科学 動画講座
を無料でお届けします!
無料メルマガ登録は、今すぐ
登録フォームから!



――――――――――

☆出張リハビリセッション
     IN 東京  ☆



7月から毎月開催中!


詳細・問合せはコチラ



”動きのコツ”の動画を
無料で大公開中


(1)解説:動きのコツとは?
コチラ

(2)実際のリハビリ場面の動画
コチラ

(3)体験インタビュー
コチラ



※動きのコツ研究所の
パンフレット無料送付
を希望の方は
〇名前
〇住所
〇電話番号
を記入の上、以下の
アドレスまでメールして
くださいね↓↓
info@ugoki-no-kotsu.com



――――――――――



☆ブログランキングに参加しています☆
応援のクリックをお願いします(^-^)

にほんブログ村 病気ブログ 脳卒中・脳梗塞へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

| 脳梗塞・脳出血 後遺症の新たなリハビリ「動きのコツ」ホーム |

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://ugokinokotsu.blog.fc2.com/tb.php/764-cd20d2a2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。