スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

肩の動きに重要な上腕骨の使い方のコツ


神戸、大阪で噂になっている
脳梗塞・脳内出血の
リハビリ専門の
動きのコツ研究所で代表を
務める生野達也です!



今回は、
人間の大切な肩の
機能について
お伝えしたいと
思います☆



人間が
物を取るには、
手を前や横に
伸ばしたりと、
肩の動きが必ず
必要になって
きます。



肩には
大きく分けて、
屈曲・伸展、
内転・外転、
内旋・外旋と
6つの動きが
あります。



体の体幹を
軸にして
屈曲・伸展は
前後方向。
内転・外転は
上下方向。
内旋・外旋は
左右方向。
とそれぞれ異なる
動き方をします。



特に、
肩の内旋・外旋の
動きに関しては、
肩が後ろに
引けてしまったり、
脇が開いて
しまったりと、
本来の目的動作
以外の筋肉が
働いてしまう
ことが多いと
いわれています。



この、
本来の目的動作
以外の筋肉が
働くことを
代償動作と
いいます。



そのため、
今回は、肩の
内旋・外旋の
動きのメカニズム
とコツについて
お伝えしたい
と思います
(^o^)

~~~~~~~~~~~

”自宅でできる!!
動きのコツリハビリ動画”

ページはコチラ

”2016年 東京・兵庫で開催
動きのコツリハビリセミナー”

ページはコチラ

~~~~~~~~~~~



☆ブログランキングに参加しています☆
応援のクリックをお願いします(^-^)

にほんブログ村 病気ブログ 脳卒中・脳梗塞へ
にほんブログ村




今回は、
【肩の動きのコツ】
のカテゴリに
なります。



まず、
肩関節の構造から
説明して
いきますね☆



肩関節は、
球関節
(多軸性関節)
であり、
前後屈、外内転、
内外旋と
3つ以上の
運動軸を
中心にして
動きます。
上腕骨頭
(腕の部分)が
関節窩
(肩の部分)に
はまり込む
かたちに
なっています。



上腕骨の
肩側にある
上腕骨頭は、
球状であり
関節窩にすっぽり
はまって動くので、
他のどの関節
よりも、関節の
可動範囲が広く
動きは極めて
自由という
メリットが
あります(^^)



同時に
不安定である
という特徴も
あり、内外旋だけ
の動きを
行いたくても、
容易に屈曲や
伸展、外転内転の
代償動作が
出現してしまう
という
デメリットも
あります(>_<)



また、
肩の動作時に
代償動作が
出現して
しまったり、
行いたい
関節運動が
適切に行えて
いないと、
肩周囲の筋肉を
バランスよく
使えなかったり、
肩関節の
可動範囲に
制限が出て
しまうことが
あります(>_<)



特に、
脳梗塞や
脳出血を呈し
麻痺をお持ちの
方は、
肩の動かし方が
難しくなって
いるので、
過剰に力が入って
しまったり、
代償動作が
出現しやすく
なります。



今回は、
肩の動きの
メカニズムを知り、
正しい肩関節の
動きが、出来る
ようになると
代償動作が
ある程度
抑制できるので、
その方法を
お伝えして
いきますね
(^^)



麻痺をお持ちの
方でも、
効果があるので、
是非試してみて
ください!



それでは、
いきますね!



まず、
椅子に座った
状態で背中を
ピンッと
まっすぐに
してください☆



その姿勢のままで、
肘を90度
(直角)に
曲げていただき、
脇は閉めて
ください。



ここからが、
今回の本題です!



脇を閉めて、
肘を90度に
曲げた状態で
腕を外側に
回してください。
その時に注意点
ですが
脇は閉じたままに
してくださいね
(^^)



それが、
外旋という
肩の動きに
なります。



次に
同じく
脇を閉めた状態で
腕を内側に
回してください。



これが、
内旋という
肩の動きに
なります。



どうでしょうか。



脇は閉じたままに
なっていますか?
肘が動いて
前に来たり、
後ろに行ったり
していませんか?



注意点としては、
肩の内旋・外旋を
行うときは、
肘が身体の真横に
付いているかを
確認して
くださいね(^^)



代償動作が
出現しやすい人
その1



肩の
内旋・外旋を
行うときに
肘が身体から離れ、
脇が開いてしまう
人は肩の外転の
代償動作が
出現しています。



代償動作が
出現しやすい人
その2



肩の
内旋・外旋を
行うときに、
肘が身体の真横に
固定できず、
前後に動いて
しまう人は
肩の屈曲・伸展の
代償動作が
出現しています。



上記のように
代償動作が
出現してしまう
人は、思った
通りの動きが
できず、
必要以上の力を
使ってしまい、
疲れやすかったり、
痛みが出現したり、
関節が
硬くなったりと
様々な
デメリットが
起こる可能性が
あります(>_<)



では、
どうすれば
代償動作を
出現させずに
肩の内旋・外旋が
出来るのか。



第一のポイントは、
「上腕骨を軸に
する」
ことです!



脇を閉じ、
上腕骨を
身体とくっつけ
並行にし
上腕骨を軸に
肩の内旋・外旋
を行うことで
肩関節の動きが
安定し、
適切な関節運動が
可能になります。



しかし、
外見上の
肩の動きで
肩を動かして
しまうと、
どうしても
代償動作が
出現しやすく
なってしまいます
(〓-_-〓)



そこで、
第二のポイントは、
「肩の動きを
イメージする」
です!



視覚に頼らずに、
肩の関節の
動きに意識を
向け、上腕骨が
肩の関節の中で
回っている動きを
イメージして
ください☆



そうすることで、
関節の中で
上腕骨頭が
どのように
動いているのかが
認識しやすく
なります
(o^^o)



上手く
イメージできて、
正しい肩関節の
動きができる
ようになると、
今までより楽に
肩の
内旋・外旋が
できるように
なると思います☆



ポイントは、
「上腕骨を
軸にする」
と「肩の動きを
イメージする」
ことでしたね☆



注意点として、
痛みが出たり、
力任せに関節を
動かすのは、
関節を痛める
恐れがあるので、
無理しすぎない
ようにお願い
いたします。



目的は、
力をつけるため
ではなく、
正しい運動を
獲得するため
ですので
お願いしますね




代償動作が
出現せず、
正しい関節運動を
行うことが
できれば、
痛みが軽減したり、
楽に運動できたり、
関節の可動域が
広がったり
するかも
しれません。



今回は、
肩の
内旋・外旋の
動きをテーマに、
正しい関節運動
の身につけ方を
お伝えしました
(^^)



上手くいった、
分かりにくかった
など、
何でも結構
ですので、
お気軽に
ご相談ください。



このメルマガが
皆さまの
生活の一助に
なれば幸いです。






☆マンツーマンで
あなただけの動きのコツ
を見つけたい方は
WS000004.jpg
へご相談ください!

ホームページはコチラ



※厳選された動きのコツの情報と
リハビリに役立つ脳科学 動画講座
を無料でお届けします!
無料メルマガ登録は、今すぐ
登録フォームから!



――――――――――

☆出張リハビリセッション
     IN 東京  ☆



7月から毎月開催中!


詳細・問合せはコチラ



”動きのコツ”の動画を
無料で大公開中


(1)解説:動きのコツとは?
コチラ

(2)実際のリハビリ場面の動画
コチラ

(3)体験インタビュー
コチラ



※動きのコツ研究所の
パンフレット無料送付
を希望の方は
〇名前
〇住所
〇電話番号
を記入の上、以下の
アドレスまでメールして
くださいね↓↓
info@ugoki-no-kotsu.com



――――――――――



☆ブログランキングに参加しています☆
応援のクリックをお願いします(^-^)

にほんブログ村 病気ブログ 脳卒中・脳梗塞へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

| 脳梗塞・脳出血 後遺症の新たなリハビリ「動きのコツ」ホーム |

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://ugokinokotsu.blog.fc2.com/tb.php/780-3b7285ee
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。