歩行時にお尻が退けないコツ PART2




今回は、歩く中で
麻痺側の脚が
支えている際に
麻痺側のお尻が
退けないための
動きのコツ

Part2を
紹介しますよ
(^O^)



今回のコツは
内側から外側へ
ですよぉ(^^)



WS000004.jpg
ホームページはコチラ

☆ブログランキングに参加しています☆
応援のクリックをお願いします(^-^)
     
にほんブログ村 病気ブログ 脳卒中・脳梗塞へ
にほんブログ村





前回の内容で
何気ない場所が
リハビリできる
最高の場所に
変わりましたか?




毎日色んな場面で
今までのブログを
思い出しながら
リハビリが出来ると
ご自身のカラダも
ココロもワクワク
しますよねぇ(^O^)




これからも
ココロとカラダが
前を向きながら
練習をして
いきましょう(^^)



今回も横方向へ
歩く練習です
(⌒▽⌒)



前回試してみて
どうでしたか??



右方向も
左方向も
両方上手く歩け
ましたか?



脚を支える時に
台所やテーブルの
縁(ふち)からおヘソが
離れることなく
歩くのって意外と
難しいと感じた方も
おられると思います
( ̄^ ̄)ゞ



そんな方へ
今回も動きのコツを
ご紹介します!!




麻痺した側の
脚が支える時には
お腹やお尻などの
筋肉の働きが
重要となります
!(^^)!




筋力低下した部分を
補うような
筋力トレーニング
だけでは、楽に
歩くことは難しい...
です( ̄^ ̄)ゞ



どのように
補うかを説明して
いきますね(^^)



では、確認がてら
おヘソを
台所やテーブルの
縁(ふち)に軽く
当たるように
立ってみましょう★



そして、縁に近づき
おヘソが、軽く
触れたままで
右側と左側それぞれ
歩いて下さい(^ ^)



不安定な方は
台所やテーブルの縁
を持ちながらで
構いませんよ☆彡



どちらに進む時
歩きにくかった
でしょうか?


麻痺した側に
横歩きする時に
お尻やお腹が退け
麻痺した足が
支えにくさを
感じた方へ



■本日のポイント■
麻痺した側へ
横歩きする時
麻痺した足を支え
となる際
足の裏に体重が
乗っていることを
感じられていますか?


麻痺した側へ
歩くときに
おヘソが
離れてしまう方は
麻痺側の足裏でも
外側またはカカトに
体重が移動して
いるかもしれません
( ̄^ ̄)ゞ



または
足裏のどこか一部分
のみで支えては
いないでしょうか?



麻痺した側の足を
地面に着く際に
ご自身の体重を
足の内側(親指側)から
足の外側(小指側)へ
向かってゆっくりと
体重を乗せてみて
下さい(^O^)



足の裏の
内側から外側へ
ですよぉ☆



この支える時には
足の裏全体に大きく
感じられると脚も
しっかりと安定が
増しますね!(^^)!



では、いざ
横向きに歩いて
確認してみましょう
(⌒▽⌒)



○足裏の体重移動
親指側から小指側へ
体重を移動しながら
足の裏の大きさと
しっかりと安定して
いるかの確認!



いかがでしょうか?



横歩きによって
足の裏の体重移動を
感じることが出来れば
前向きに歩くときでも
お尻やお腹が退けず
足の裏のしっかりした
安定感を感じつつ
歩くことに繋がります!



前回紹介した時に
比べ、今回のコツで
新たな可能性が
見つかりましたか?
(⌒▽⌒)




筋力の低下を
感じていた方も
今回のコツで
筋肉の働きも
自然と現れ出した
のではないでしょうか?



今回は前回に
引き続き普段の
何気ない場所でも
リハビリが出来る
内容を紹介しました



横向きの
歩く練習から
前向きの歩行に
繋がるコツを
覚えておき
日常で活かして
下さいねっ!!



WS000004.jpg
ホームページはコチラ

☆ブログランキングに参加しています☆
応援のクリックをお願いします(^-^)
     
にほんブログ村 病気ブログ 脳卒中・脳梗塞へ
にほんブログ村


――――――――――


携帯へお届けします

リハビリしながらいつでも
確認できて便利な携帯メール
へのお届けを希望の方は 、
a+1218k@dmq.jp
に空メールを送信して、
メルマガ登録をして
ください(^^)

――――――――――


無料メール相談
    受付中
!☆

「動きのコツ」に
気をつけても変化が
ない場合は、
「気をつけ方が
   間違えている」
可能性が高く
なります。

お一人では
正しい感じ方に
気づきにくいことが
多くあります。

しかし、
メールのやり取り
からもお体に関する
新たな発見や変化を
実感していただける
ことが多くあります。

お体に関するお悩みや
ご相談がありましたら
ブログ左上の
「無料相談受付中」
よりメールにて
お気軽にご相談
ください。


――――――――――


()
普段と異なる
動き方をすると
不慣れなために
バランスを崩して
しまうことが
あります。

手すりを支えるなど、
安定した姿勢で
行ってください。



なお、
ブログの内容を実践して
いただいた結果、
お体の不具合などが
生じた場合には一切の
責任を負いかねます
ので、ご了承ください。
スポンサーサイト

| 脳梗塞・脳出血 後遺症の新たなリハビリ「動きのコツ」ホーム |

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://ugokinokotsu.blog.fc2.com/tb.php/88-5853d2eb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)